ニュース

市村正親、藤原竜也ら2大スター競演の舞台『ANJIN』をスクリーンで味わう

市村正親、藤原竜也ら演劇界を代表する2大スターが競演した話題の演劇大作『ANJIN イングリッシュサムライ』が、Livespireサービスにより東劇ほか全国の映画館で上映中だ。

「Livespire」とは、ミュージカルや演劇などの舞台芸術、音楽コンサートやスポーツイベントなどをデジタル映像化し、全国の映画館へデジタルライブコンテンツの製作・配給を行う新しい映像エンタテインメントサービス。ライブの臨場感をそのままに、映画館で作品の細部まで堪能することができる。

物語の舞台は、鎖国前の日本。難破し日本に漂着したオランダ船リーフデ号のイギリス人船員ウィリアム・アダムズ(後の三浦按針)は、運命的に出会った徳川家康から絶大な信頼を得て、徳川家の旗本となる。日本の歴史に大きく貢献した按針の激動の生涯と、青年宣教師ドメニコの目を通じて語られる人間の生き様を描く歴史大作だ。

主役のウィリアム・アダムズ役は、トニー賞受賞の英国の名優オーウェン・ティール。徳川家康役は日本を代表する俳優市村正親が演じ、これまでにない新しい家康像に挑む。また家康とアダムズの間の架け橋となる重要な役どころの日本人宣教師を藤原竜也が務め、セリフの7割が英語という難しい役を、イギリス留学帰りの藤原が見事に演じている。演出はRSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)のチーフアソシエイトディレクターとして英国で絶大な評価を誇るグレゴリー・ドーラン。さらに音楽に尺八アーティストの藤原道山を迎え一流のアーティストが顔をそろえる。

舞台版では日本語と英語が入り交じり、字幕つきで上演されたが、今回映画館上映にあたり英語のセリフを映画用に字幕化。舞台ファンのみならず、誰もが楽しめる歴史大作となっている。

Livespire
『ANJIN ~イングリッシュサムライ~』

2010年6月5日(土)より東劇ほか全国ロードショー
演出:グレゴリー・ドーラン
脚本:マイク・ポウルトン
脚本共同執筆:河合祥一郎
音楽:藤原道山
キャスト:
市村正親
オーウェン・ティール
藤原竜也

配給:ソニー株式会社

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も