ニュース

市村正親、藤原竜也ら2大スター競演の舞台『ANJIN』をスクリーンで味わう

市村正親、藤原竜也ら演劇界を代表する2大スターが競演した話題の演劇大作『ANJIN イングリッシュサムライ』が、Livespireサービスにより東劇ほか全国の映画館で上映中だ。

「Livespire」とは、ミュージカルや演劇などの舞台芸術、音楽コンサートやスポーツイベントなどをデジタル映像化し、全国の映画館へデジタルライブコンテンツの製作・配給を行う新しい映像エンタテインメントサービス。ライブの臨場感をそのままに、映画館で作品の細部まで堪能することができる。

物語の舞台は、鎖国前の日本。難破し日本に漂着したオランダ船リーフデ号のイギリス人船員ウィリアム・アダムズ(後の三浦按針)は、運命的に出会った徳川家康から絶大な信頼を得て、徳川家の旗本となる。日本の歴史に大きく貢献した按針の激動の生涯と、青年宣教師ドメニコの目を通じて語られる人間の生き様を描く歴史大作だ。

主役のウィリアム・アダムズ役は、トニー賞受賞の英国の名優オーウェン・ティール。徳川家康役は日本を代表する俳優市村正親が演じ、これまでにない新しい家康像に挑む。また家康とアダムズの間の架け橋となる重要な役どころの日本人宣教師を藤原竜也が務め、セリフの7割が英語という難しい役を、イギリス留学帰りの藤原が見事に演じている。演出はRSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)のチーフアソシエイトディレクターとして英国で絶大な評価を誇るグレゴリー・ドーラン。さらに音楽に尺八アーティストの藤原道山を迎え一流のアーティストが顔をそろえる。

舞台版では日本語と英語が入り交じり、字幕つきで上演されたが、今回映画館上映にあたり英語のセリフを映画用に字幕化。舞台ファンのみならず、誰もが楽しめる歴史大作となっている。

Livespire
『ANJIN ~イングリッシュサムライ~』

2010年6月5日(土)より東劇ほか全国ロードショー
演出:グレゴリー・ドーラン
脚本:マイク・ポウルトン
脚本共同執筆:河合祥一郎
音楽:藤原道山
キャスト:
市村正親
オーウェン・ティール
藤原竜也

配給:ソニー株式会社

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開