ニュース

小沢健二が新曲“シッカショ節”ライブ音源を投げ銭形式でダウンロード販売

小沢健二が新曲“シッカショ節”のライブ音源を「投げ銭」形式でリリースした。同楽曲はオフィシャルサイト「ひふみよ」からのみダウンロードが可能となっており、金額はリスナーが自由に設定することができる点が特徴だ。

“シッカショ節”はコンサートツアー『ひふみよ』でも披露されていた楽曲。今回リリースされたのは5月25日の東京中野サンプラザ公演で収録されたもの。作詞作曲は小沢自身が手がけている。

「投げ銭形式」でリリースした理由についてオフィシャルサイトで小沢は、アメリカで一般的に行われている寄付という行為を用いることで、音楽の作り手と受け手が直接つながる事の意義を語っている。また、「寄付」や「ドネーション」といった言葉ではなく「投げ銭」と呼ぶ点については、芸を見て喜んだ人が銭を投げるという行為が、今回の試みにあっている気がするとコメント。

支払方法はネット決済やクレジットカード払いではなく、銀行振り込みのみとなっており、ウェブ上で音楽を購入する習慣がないリスナーも考慮し、余計な登録が必要のない有料ダウンロードを試してみたかったという小沢の意向がそのまま反映されているという。

ひふみよではツアー中に踊られていた振り付けも公開中。小沢からのメッセージも公開されているのでこちらも一読いただきたい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開