ニュース

『第14回文化庁メディア芸術祭』今年も開催、4部門で作品を募集

国際的にも注目を集めている『第14回文化庁メディア芸術祭』が来年2月に開催。それに伴う作品募集要項が発表された。

本展は、文化庁、国立新美術館、CG-ARTS協会がメディア芸術の創造とその発展を目的に、1997年から毎年行っているもの。昨年は世界54の国と地域から2,592作品の応募があり、6万3千人を超える来場者を記録した。

第14回となる今回の作品募集期間は、7月15日から9月24日まで。募集部門は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門となる。対象作品は、インタラクティブアート、映像、デジタルフォト、グラフィック、ウェブ、ゲーム、アニメーション、漫画などだ。また、審査員には、部門ごとにグラフィックデザイナーの原研哉やゲームデザイナーの堀井雄二、映画監督の樋口真嗣、漫画家の永井豪らが名を連ねる。

受賞作品発表は12月上旬が予定され、受賞作品展は2011年2月2日から国立新美術館で開催される。さらに、アルス・エレクトロニカ(オーストリア)、ISEA(ドイツ)、シーグラフ(米)、ジャパン・エキスポ(仏)、広島国際アニメーションフェスティバルなど、国内外の30以上のフェスティバルでも過去の受賞作品が紹介されるという。

『平成22年度・第14回文化庁メディア芸術祭』

募集期間:2010年7月15日(木)~9月24日(金)必着
作品推薦期間:2010年6月24日(木)~ 8月25日(水)
(Webサイトにて優秀作品の情報を募っています。)

募集部門:
アート部門(インタラクティブアート、インスタレーション、映像、デジタルフォト、平面、Webなど)
エンターテインメント部門(ゲーム、遊具、映像(VFX、CM、MVなど)、キャラクター、Webなど)
アニメーション部門(劇場公開アニメーション、テレビアニメーション、オリジナルビデオアニメーション(OVA)、短編アニメーションなど)
マンガ部門(ストーリーマンガ、コママンガ、自主制作マンガ、デジタルマンガなど)

受賞発表:2010年12月上旬
贈呈式:2011年2月1日(火)

受賞作品展:2011年2月2日(水)~ 2月13日(日)
会場:国立新美術館 

審査委員:
アート部門  
岡崎乾二郎(近畿大学国際人文科学研究所 教授)
後藤繁雄(京都造形芸術大学 教授)
四方幸子(メディアアート・キュレーター)
関口敦仁(情報科学芸術大学院大学(IAMAS)学長)
原研哉(グラフィックデザイナー)

エンターテインメント部門
伊藤ガビン(編集者)
内山光司(クリエイティブディレクター)
斎藤由多加(ゲームデザイナー)
寺井弘典(映像クリエイター)
堀井雄二(ゲームデザイナー)

アニメーション部門
伊藤有壱(アニメーションディレクター)
氷川竜介(アニメ評論家)
樋口真嗣(映画監督)
古川タク(アニメーション作家)
りんたろう(アニメーション監督)

マンガ部門
かわぐちかいじ(マンガ家)
さいとうちほ(マンガ家)
永井豪(マンガ家)
細萱敦(東京工芸大学 准教授)
村上知彦(神戸松蔭女子学院大学 教授)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年