ニュース

『ザ・コーヴ』を紐解くトークイベントに町山智浩、松江哲明ら登場

現在公開中の映画『ザ・コーヴ』のトークショーイベントが、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで7月23日から計4回にわたり開催される。

『ザ・コーヴ』は、和歌山県の太地町で行われている立ち入りのイルカ漁を捉えたドキュメンタリー作品。『第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞』を受賞するなど高い評価を得たが、撮影が無許可で行なわれたことなどから国内の上映抗議活動などが起こり、一部劇場では上映が中止されるなど物議をかもしだしている。

7月23日のトークショー『「ザ・コーヴ」はなぜアカデミー賞を受賞できたのか?』には、映画評論家の町山智浩が登場するほか、動物行動学者の関口雄祐、映画監督の松江哲明、映画評論家の柳下毅一郎などがイベントに出演する予定。様々な角度から作品を紐解くことで、より理解を深めるきっかけになりそうだ。

『ザ・コーヴ』

2010年7月3日(土)全国順次ロードショー
監督:ルイ・シホヨス
出演:
ルイ・シホヨス
リック・オバリー
ほか
配給:アンプラグド

『ザ・コーヴ』トークショー

『「ザ・コーヴ」はなぜアカデミー賞を受賞できたのか?』

2010年7月23日(金)19:00の回上映前
出演:町山智浩(映画評論家)
聞き手:岩田和明(映画秘宝編集部)

『世界の屠畜とイルカ漁 ~実際の体験をもとに語る~』

2010年7月30日(金)19:00の回上映前
出演:
内澤旬子(ノンフィクション作家「世界屠畜紀行」著者)
関口雄祐(動物行動学者「イルカを食べちゃダメですか?」著者)

『「ザ・コーヴ」はドキュメンタリーか? ドキュメンタリーと劇映画の境界線』

2010年8月4日(水)19:00の回上映後
出演:
松江哲明(映画監督)
村山匡一郎(映像研究者)

『「ザ・コーヴ」をめぐる賛否 徹底評論!』

2010年8月11日(水)19:00の回上映前
出演:
柳下毅一郎(映画評論家)
三留まゆみ(映画評論家、イラストレーター)

(画像:©OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED. )

©OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED.
©OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像