ニュース

キュピキュピと『オー!マイキー』などで知られる石橋義正の大規模展

出演者が全てマネキン人形の短編ドラマ『オー!マイキー』などで知られる石橋義正とキュピキュピによる展覧会『SickeTel -キュピキュピと石橋義正-』が、香川・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で11月3日まで開催されている。 

「キュピキュピ」は、1996年に京都で結成された映像&パフォーマンス・ユニット。映像と演出を手がける石橋義正を中心に、空間設計と造形の木村真束、ビジュアルデザインとアニメーションの江村耕市の3名で活動している。これまでに国内外の多くの展覧会に参加し、美術館やアートセンターでの映像インスタレーションの展示と、ホールやカフェでの映像を駆使したライブ・パフォーマンスという2つの活動形態を連環させ、アートとエンターテイメントの領域を自在に往還してきた。

本展は、キュピキュピとその主宰者であり、映画『狂わせたいの』などの映像作品を手がける石橋を、国内の美術館として初めて大規模に紹介するもの。展示空間を活かしてキュピキュピの新キャラクターであるアンドロイドのシッケモニカをお披露目する大型インスタレーションをはじめ、石橋の映像作品など最新作を中心に構成。また、会期中アーティスト・トークや映画上映、ワークショップなどさまざまな関連プログラムが行われる。

キュピキュピ再始動の狼煙ともいえる本展で、キュピキュピと石橋がつくりだす映像世界を体感できるだろう。

『SickeTel -キュピキュピと石橋義正-』

2010年7月18日(日)~11月3日(水・祝) 
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県丸亀市)
時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:会期中無休
料金:一般950円 大学生650円 高校生以下・丸亀市内在住の65歳以上・各種障害者手帳お持ちの方は無料
※8月21日(土)、22日(日)は1階ゲートプラザにて「まるがめ婆娑羅まつり」開催のため観覧無料(ただし展示室内が騒がしくなる場合があります)

関連イベント

アーティスト・トーク
『クロージングトーク』

2010年11月3日(水・祝)
会場:2階ミュージアムホール
時間:14:00~
講師:キュピキュピ(石橋義正、木村真束、江村耕市)
料金:無料

『夜のSickeTel』

2010年9月11日(土)、10月9日(土)
大人のための夜間開館(18歳未満観覧不可)。日中とは違った雰囲気で〈SickeTel〉をお楽しみ下さい。『狂わせたいの』の上映イベントも同時開催。
時間:各日18:00~21:00
料金:通常の観覧料

『関連映像作品上映イベント』

会場:2階ミュージアムホール
料金:1日有効 上映イベントのみは1,000円 『SickeTel』観覧チケットをお持ちの方は500円

「Aプログラム」

2010年8月28日(土)、8月29日(日)、9月23日(木・祝)、10月2日(土)、10月3日(日)、10月30日(土)、10月31日(日)
上映作品:
『オー!マイキー・フィーバー』(2007年/40分)
時間:13:00/15:30
『人形芸人ドント&ノット ザ☆ムービー』(2009年/60分)
時間:14:00/17:00

「Bプログラム」

2010年9月12日(日)、9月25日(土)、9月26日(日)、10月10日(日)
上映作品:
『カラー・オブ・ライフ』(2001年/88分)
時間:14:00 / 16:00

「Cプログラム」

2010年9月11日(土)、10月9日(土)
上映作品:
『狂わせたいの』(1997年/60分)
時間:19:00

ワークショップ

ヤモリが動く? 簡単コマ撮りアニメ -ヤモリの壁プロジェクト-
『ヤモリの型紙を使って2Dのコマ撮りアニメーションを制作するワークショップ』

2010年9月18日(土)~9月20日(月・祝)
会場:2階造形スタジオ
時間:各日10:00~12:00/13:30~15:30
講師:江村耕市(キュピキュピ・メンバー/京都嵯峨芸術大学准教授)
協力:Breaker Project、NPO法人remo
対象:子どもから大人まで
定員:各回40名
参加料:1回100円
※事前申込不要

ねんどでつくるアニメーション!
『クレイアニメ(粘土の形を少しずつ変えて撮影した写真をつなぎ合わせる)を制作するワークショップ』

2010年10月17日(日)
会場:2階造形スタジオ
時間:13:00~16:30
講師:フナビキアキ(映像作家/『人形芸人ドント&ノット』監督)
対象:小学3年生~6年生
定員:20名
参加料:無料
申込方法:ワークショップ名、名前(ふりがな)、学年、〒住所、電話番号を書いてハガキもしくはメール(mimoca_info@mimoca.org)で美術館ワークショップ係まで。応募者多数の場合は抽選。
申込締切:9月29日(水)(当日消印有効)
※事前申込制

(画像上:石橋義正 映像インスタレーション《BLACK RINA》(2010 年)より 写真:田中マサアキ、画像中:石橋義正 映像インスタレーション《WHITE SNAKE》(2010年)より 写真:田中マサアキ、画像下:(映像作品)キュピキュピ 《歌謡ショー》1998 年)

石橋義正 映像インスタレーション《BLACK RINA》(2010年)より 写真:田中マサアキ
石橋義正 映像インスタレーション《BLACK RINA》(2010年)より 写真:田中マサアキ
石橋義正 映像インスタレーション《WHITE SNAKE》(2010年)より 写真:田中マサアキ
石橋義正 映像インスタレーション《WHITE SNAKE》(2010年)より 写真:田中マサアキ
(映像作品)キュピキュピ 《歌謡ショー》1998年
(映像作品)キュピキュピ 《歌謡ショー》1998年
キュピキュピ ライブ CABAROTICA  2003年 写真:田中マサアキ
キュピキュピ ライブ CABAROTICA  2003年 写真:田中マサアキ
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材