ニュース

上野オークラ劇場の功績を振り返るピンク映画カルチャー誌『PINK HOLIC』

ピンク映画の歴史と現在を浮き彫りにするピンク映画カルチャー誌『PINK HOLIC』が、9月10日にトライワークスから刊行された。

これまで多くのファンを魅了し続けてきたが、老朽化に伴い今年8月に58年の歴史に幕を閉じたピンク映画館「上野オークラ劇場」。しかし同劇場はピンク映画館としては異例の新館オープンという新たなスタートを切り、往年のファンはもちろん若い映画ファンや女性ファンなど新たな層から反響を得ている。

同書は、同劇場のリニューアルに際し、ピンク映画の唯一の専門誌『PG』と、日本映画専門サイト「HOGA HOLIC(ホウガ・ホリック)」が連動して制作されたもの。ピンク映画の名匠・小川欽也の独占インタビューから、1960年代から2000年代に至る業界関係者や映画監督らによる生きたピンク映画史の証言も年代を追って収録。海外や若者層に広まるピンクカルチャーも特集し、ピンク映画の最前線に迫る。

上野オークラ劇場新館をはじめ全国のミニシアター、成人映画館での発売のほか、一般へのネット通販、一般書店での発売も順次スタート。上野オークラ劇場の功績を振り返り、新たなピンク映画を盛り上げる1冊だ。

『PINK HOLIC』

2010年9月10日発売
価格:1,200円(税込)
発行:トライワークス


『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生