ニュース

上野オークラ劇場の功績を振り返るピンク映画カルチャー誌『PINK HOLIC』

ピンク映画の歴史と現在を浮き彫りにするピンク映画カルチャー誌『PINK HOLIC』が、9月10日にトライワークスから刊行された。

これまで多くのファンを魅了し続けてきたが、老朽化に伴い今年8月に58年の歴史に幕を閉じたピンク映画館「上野オークラ劇場」。しかし同劇場はピンク映画館としては異例の新館オープンという新たなスタートを切り、往年のファンはもちろん若い映画ファンや女性ファンなど新たな層から反響を得ている。

同書は、同劇場のリニューアルに際し、ピンク映画の唯一の専門誌『PG』と、日本映画専門サイト「HOGA HOLIC(ホウガ・ホリック)」が連動して制作されたもの。ピンク映画の名匠・小川欽也の独占インタビューから、1960年代から2000年代に至る業界関係者や映画監督らによる生きたピンク映画史の証言も年代を追って収録。海外や若者層に広まるピンクカルチャーも特集し、ピンク映画の最前線に迫る。

上野オークラ劇場新館をはじめ全国のミニシアター、成人映画館での発売のほか、一般へのネット通販、一般書店での発売も順次スタート。上野オークラ劇場の功績を振り返り、新たなピンク映画を盛り上げる1冊だ。

『PINK HOLIC』

2010年9月10日発売
価格:1,200円(税込)
発行:トライワークス


『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像