ニュース

上野オークラ劇場の功績を振り返るピンク映画カルチャー誌『PINK HOLIC』

ピンク映画の歴史と現在を浮き彫りにするピンク映画カルチャー誌『PINK HOLIC』が、9月10日にトライワークスから刊行された。

これまで多くのファンを魅了し続けてきたが、老朽化に伴い今年8月に58年の歴史に幕を閉じたピンク映画館「上野オークラ劇場」。しかし同劇場はピンク映画館としては異例の新館オープンという新たなスタートを切り、往年のファンはもちろん若い映画ファンや女性ファンなど新たな層から反響を得ている。

同書は、同劇場のリニューアルに際し、ピンク映画の唯一の専門誌『PG』と、日本映画専門サイト「HOGA HOLIC(ホウガ・ホリック)」が連動して制作されたもの。ピンク映画の名匠・小川欽也の独占インタビューから、1960年代から2000年代に至る業界関係者や映画監督らによる生きたピンク映画史の証言も年代を追って収録。海外や若者層に広まるピンクカルチャーも特集し、ピンク映画の最前線に迫る。

上野オークラ劇場新館をはじめ全国のミニシアター、成人映画館での発売のほか、一般へのネット通販、一般書店での発売も順次スタート。上野オークラ劇場の功績を振り返り、新たなピンク映画を盛り上げる1冊だ。

『PINK HOLIC』

2010年9月10日発売
価格:1,200円(税込)
発行:トライワークス


『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
『PINK HOLIC』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開