ニュース

身体の動きをアート表現する新たな展覧会『もっと動きを:振付師としてのアーティスト』

身体の動きと美術の、密接で創造的な関係に注目した展覧会『もっと動きを:振付師としてのアーティスト』が、10月11日まで広島市現代美術館で開催されている。

パフォーマンスやダンス、演劇の要素を、絵画、写真、映像、インスタレーションなど、美術表現の形態と融合させる革新的な試みは、戦後美術の中で様々に行われてきた。その中でも特に近年は、身体を表現手段にインスピレーションを得ることでパフォーマンスと美術の枠組みを横断し、その関係性を再解釈した展開が活発になっている。

本展は、身体の動きを作品に取り入れたパイオニアから若手作家の試みまで、異なる年代のアーティストによる活動を紹介。身体の動きの要素を素材に、ユニークな美術作品を生み出していく創造的で越境的試みとなっている。

展示室という劇場で、アーティストたちは美術作品の形式や展覧会の慣例を問いかけながら、作品と場所、演者と鑑賞者との間にユニークな関わりを築いていく。

『もっと動きを:振付師としてのアーティスト』

2010年7月31日(土)~10月11日(月・祝)
会場:広島市現代美術館
時間:10:00~17:00(※入館は閉館の30分前まで)

参加作家:
ヴィクトル・アリンピエフ
ウィレム・デ・クーニング
橋本聡
今村哲
ジョーン・ジョナス
ヤンドゥ・ヂョン
イヴ・クライン
ブルース・ナウマン
ロビン・ロード
澤登恭子
白髪一雄
田中敦子

休館日:月曜日 ※9月20日、10月11日(月・祝)は開館、9月21日(火)は休館
料金:一般1,000円 大学生700円 高校生500円

(画像上:ブルース・ナウマン《Slow Angle Walk(Beckett Walk)》1968 courtesy Electronic Arts Intermix(EAI), New York.、画像中:橋本聡《投石》2009 courtesy of the artist、画像下:今村哲《腹、減る》2008 courtesy of Kenji Taki Gallery)

ブルース・ナウマン《Slow Angle Walk(Beckett Walk)》1968 courtesy Electronic Arts Intermix(EAI), New York.
ブルース・ナウマン《Slow Angle Walk(Beckett Walk)》1968 courtesy Electronic Arts Intermix(EAI), New York.
橋本聡《投石》2009 courtesy of the artist
橋本聡《投石》2009 courtesy of the artist
今村哲《腹、減る》2008 courtesy of Kenji Taki Gallery
今村哲《腹、減る》2008 courtesy of Kenji Taki Gallery
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー