ニュース

裏原宿に緑溢れる新ギャラリー「COMMON」、オープニングは50人のプリントショー

東京・原宿のキャットストリート沿いに新ギャラリー「COMMON」が、10月1日にオープンする。

明治神宮駅から徒歩5分、原宿の中心地でありながら緑豊かな庭を持った環境にある「COMMON」は、これまでにSHOHEI TAKASAKIや、スケートボードお廃材でアートワークを作りあげるharoshiのエキシビションをプロデュースしてきた「en one tokyo」が、新たな価値観や他にはない面白さを提供するトータルスペースだ。

10月1日からの3日間は、オープニング企画として約50名のアーティストが参加するプリントショーが開催。ストリートカルチャーに軸をおいたアート情報サイト「RED one PRESS」で紹介されている、JON JON GREEN、Gravityfree、KLEPTOMANIACなどによる、シルクスクリーン、インクジェット、オフセットなど様々な手法で制作したプリント作品の展示・販売が行われる。

11月には「Rockwell clothing」を通して日本でも人気を集めている「Parra」のエキシビションも控えている。

COMMON オープニング企画
『RED one PRESS プリントショー』

2010年10月1日(金)~10月3日(日)
会場:東京 原宿 COMMON
時間:11:00~19:00

参加アーティスト:
BAKIBAKI(DOPPEL)
BENE
BUNA
CHO-CHAN
DISKAH a.k.a. DEE
dragon76
FANTASISTA UTAMARO
FATE
Gravityfree
HIRO KURATA
imaone
JON JON GREEN
Jun Inoue
金子潤
赤池完介
KEN NAGAHARA
KLEPTOMANIAC
高木耕一郎
松岡亮
MHAK
かざまなおみ
Mon(DOPPEL)
NOVOL
大山エンリコイサム
originalstyle
PH IL
POPY OIL
SAL
Shizentomotel
SHOHEI TAKASAKI
川上俊
Su i ko
SYUNOVEN
Takahiro Hida
わしお ともゆき
Two One
USUGROW
渋谷忠臣
TENGA
and more

COMMONロゴ
COMMONロゴ
COMMON
COMMON
COMMON
COMMON
COMMON
COMMON
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年