ニュース

イヤミに扮する浅野忠信の姿も、赤塚不二夫生きざまを描く映画の一場面公開

ギャグ漫画界の巨匠赤塚不二夫の「漫画以上にギャグ」だった生きざまを描いた映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』の場面写真が明らかになった。

同作は、赤塚不二夫の人生を二人三脚で歩んだ漫画編集者・武居俊樹による著書『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』を原作にした映画。入社してすぐに赤塚の担当編集者になった武居が、赤塚のハチャメチャな生き方に七転八倒しながらも、やがてベストパートナーとなっていく様がユーモラスに描かれている。

キャストは、赤塚役にイヤミのコスプレに挑戦するなど体当たりで演技に挑む浅野忠信、映画化の際に性別が変更された編集者武井役を堀北真希が演じるほか、阿部力、木村多江、いしだあゆみ、佐藤浩市、佐藤正宏(WAHAHA本舗)、梅垣義明などが名を連ねている。

監督は今作が初監督となる佐藤英明。脚本は『踊る大捜査線シリーズ』などを手掛けた君塚良一が手掛ける。「この映画は事実に基づき映画的脚色をしております」とオフィシャルサイトで公言するほど、漫画さながらに展開されるハチャメチャな赤塚ワールド。公開は2011年ゴールデンウィークを予定している。

『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』

2011年G.W公開予定
原作:武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』(文春文庫刊)
監督:佐藤英明
脚本:君塚良一、佐藤英明
出演:
浅野忠信
堀北真希
阿部力
木村多江
いしだあゆみ
佐藤浩市
ほか
配給:東映

(画像:©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会)

©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く