ニュース

元サッカー日本代表監督のトルシエがコンテンポラリーダンス公演でトークと解説

フランス人振付家ピエール・リガルのコンテンポラリー・ダンス公演『ロス・タイム』が、12月10日から3日間にわたり、東京・両国のシアターΧ(カイ)にて開催される。

同公演は、1982年のセビリアで行われたW杯準決勝「フランス対西ドイツ戦」から着想を得た作品。PK戦までもつれこみ、最終的に西ドイツが勝者となった試合を、ダンスとサッカーが融合したスペクタクルで魅せる。スポーツの動きから着想を得たこの作品は、照明と視覚効果を巧みに使って、白熱した場面からため息が漏れる瞬間への移り変わりなどをダンサーが表現する。

初日の12月10日には、元サッカー日本代表チーム監督のフィリップ・トルシエと、振付家の勅使河原三郎によるトークショーを予定。また11日と12日には、上記W杯準決勝の抜粋映像を上映し、トルシエによる試合解説が行なわれる予定で、その内容にも注目が集まる。

ダンスとサッカーが出会い、新しい芸術表現が生まれる瞬間に立ち会うことができる、またとない機会となるだろう。

シアターXカイ提携公演
『ロス・タイム~コンテンポラリーダンスとサッカー』

2010年12月10日(金)~12月12日(日)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 両国シアターX(カイ)
振付・演出:
ピエール・リガル(カンパニー・デルニエール・ミニュート)
トークショー特別ゲスト:
フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表チーム監督)
勅使河原三郎(12月10日のみ)

料金:一般・当日3,000円 日仏会員・学生・前売2,000円

(画像:©Pierre Grosbois)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー