ニュース

メディア芸術を読み解くオープントーク、藤幡正樹ら多角的に語る新シリーズ

現代の日本文化を代表する分野「メディア芸術」を読み解くイベント『メディア芸術オープントーク』が、東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで11月27日に開催される。

デジタル表現や先端テクノロジーを用いたメディアアートだけでなく、エンターテインメント性の高い漫画やアニメ、ゲームなども含まれると定義されている「メディア芸術」。しかし、近年はテクノロジーの発展にあわせて、既存の文化ジャンルにとらわれない作品も多く登場しており、その境界は曖昧になっているといえる。

新シリーズとしてスタートする『メディア芸術オープントーク』は、メディアアート、美学、美術史、社会学などの分野で鋭い発言を続ける専門家4名をコア・フェローを招き、メディア芸術という新たな領域を多角的に読み解くための議論の場として行われるもの。

第1回となる今回は島本浣、藤幡正樹、吉岡洋の3名が登場。「『メディア芸術』ってよくわからないぞ」をテーマに、昨年に議論を呼んだ文化庁主導の国立施設「メディア芸術総合センター」や、この分野について国がどうやって関与するべきなのかなどを語る。

申し込み方法や詳細はオフィシャルサイト参照。なお今後の『メディア芸術オープントーク』は、東京をはじめ国内各地で開催が予定されている。

第1回メディア芸術オープントーク
『「メディア芸術」ってよくわからないぞ』

2010年11月27日(土)14:00~16:00(13:30開場)
会場:東京都 秋葉原 3331 Arts Chiyoda 地下1階 マルチスペース

スピーカー:
島本浣(京都精華大学芸術学部教授[美術史学])
藤幡正樹(東京藝術大学大学院映像研究科長・教授/アーティスト)
吉岡洋(京都大学大学院文学研究科教授[美学・メディア論])

定員:50名

メディア芸術オープントーク:コア・フェロー(五十音順)
島本浣(京都精華大学芸術学部教授[美術史学])
藤幡正樹(東京藝術大学大学院映像研究科長・教授/アーティスト)
吉岡洋(京都大学大学院文学研究科教授[美学・メディア論])
吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授/社会学)
※第1回イベントには3名のみ出演

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年