ニュース

名劇作家の知られざる妄想世界、未完論文から存在の根底に迫る『チェーホフ?!』

劇作家チェーホフの生誕150周年を記念し、彼の知られざる妄想世界を描いた『チェーホフ?!~哀しいテーマに関する滑稽な論考~』が、東京・池袋の東京芸術劇場 小ホール1で2011年1月25日から上演される。

『かもめ』『三人姉妹』『ワーニャ叔父さん』『桜の園』などの代表作を持つアントン・チェーホフは、長編こそが小説であるという風潮のあった19世紀末、第一線で短編小説を発表しつづけ、ロシア文学界に革命を起こした。

同作では、有名な戯曲ではなく未完に終わったチェーホフの博士論文といくつかの短編小説から発想を得て、なぜ彼は名作をこの世に産み落とせたのか、彼の作品は今も普遍性を保ち続けているのか、数々の小説や戯曲の端々に散りばめられているチェーホフという存在の根底に迫る。

演出を務めるのは、チェーホフと同じ元精神科医という特殊な経歴を持ち、独創的なイマジネーションを武器に国内のみならず、台湾、ドイツ、スイス、オランダと世界でも活躍の幅を広げるタニノクロウ。キャストには、篠井英介、毬谷友子、蘭妖子、マメ山田、手塚とおるら個性的な俳優陣を迎え、少年チェーホフの眼を通して見た19世紀のロシアを、科学に支えられた幻想の世界として描く。

東京芸術劇場プロデュース チェーホフ生誕150周年記念
『チェーホフ?!~哀しいテーマに関する滑稽な論考~』

2011年1月25日(火)~2月13日(日)※全24回公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 小ホール1
作・演出:タニノクロウ
ドラマトゥルク:鴻英良
出演:
篠井英介
毬谷友子
蘭妖子
マメ山田
手塚とおる

料金:S席4,500円 A席3,200円 A席(25歳以下)2,000円

『プレビュー公演』

2011年1月21日(金)、1月22日(土)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 小ホール1
料金:3,000円

『チェーホフ生誕150周年記念連続サミット』

会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 中会議室

第1回「始まりのチェーホフ」
2010年12月4日(土)14:00~16:00
メインパネリスト:鴻英良(演劇批評家)
ゲストパネリスト:
福田善之
徳永京子
タニノクロウ

第2回「チェーホフ劇の展開」
2011年1月15日(土)14:00~16:00
メインパネリスト:鴻英良(演劇批評家)
ゲストパネリスト:
津野海太郎
扇田昭彦

第3回「新たなるチェーホフ」
2011年1月29日(土)16:00~18:00
メインパネリスト:鴻英良(演劇批評家)
ゲストパネリスト:
岩松了
タニノクロウ
ほか

料金:参加費無料
※要事前申込み、定員に達し次第受付終了

(画像下:左から 手塚とおる、篠井英介、毬谷友子)

左から:手塚とおる、篠井英介、毬谷友子
左から:手塚とおる、篠井英介、毬谷友子
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談