ニュース

元BOREDOMSメンバーなど迎え再結成した「SEEFEEL」が15年ぶりのニューアルバム

エレクトロシューゲイズ、電子音響系バンドの先駆けとして知られる「SEEFEEL(シーフィール)」が、15年ぶりとなるアルバム『Seefeel』を1月22日にリリースする。

SEEFEELは、1993年のデビュー以来「Too Pure」「Rephlex」「Warp」など気鋭のエレクトロニックレーベルからリリースを重ねてきたマーク・クリフォード(Gt,Programming)とサラ・ピーコック(Vo,Gt)を中心とするユニットだ。2009年に開催された『Warp20 in Paris』で再結成を果たし、今年9月には久々の音源として10インチレコード『Faults』をリリースしていた。

待望のアルバムとなる同作には、ヨーロッパを中心に活躍するDJスコッチ・エッグことシゲル・イシハラ(Ba)と、元BOREDOMSのドラマーでもあるイイダ・カズヒサ(Ds、Percussion)という2人の日本人が新メンバーとして参加。伸びやかなシンセ、地を這うベース、浮遊感たっぷりのアンビエントサウンドが一体となり、唯一無二のクロスオーバーなサウンドスケープを展開している。ここ数年でシュゲイザーが再評価が高まる中、オリジネーターが放つ幻想的な世界観をぜひ体感してほしい。

SEEFEEL
『Seefeel』

2011年1月22日発売
価格:2,100円(税込)
BEAT RECORDS / WARP RECORDS BRC-282

1. o-on one
2. dead guitars
3. step up
4. faults
5. gzaug
6. rip-run
7. making
8. step down
9. airless
10. aug30
11. sway

amazonで購入する

SEEFEEL
SEEFEEL
SEEFEEL『Seefeel』ジャケット
SEEFEEL『Seefeel』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー