ニュース

スナップショットがとらえるかがやきの瞬間、結城臣雄ら6名の新進作家による写真展

新時代のスナップショットの動向を探る『日本の新進作家展vol.9 かがやきの瞬間 ニュー・スナップショット』が、東京・恵比寿の東京都写真美術館で12月11日から開催される。

9回目を迎える今回のテーマは「楽しさ、幸せ、喜びの瞬間」。人々のあらゆる生活の場面を捉えてきスナップショットを取り上げ、現代の写真表現に新たな可能性を見出す若手作家や才能ある作家を紹介する。

出品作家には、美術館初登場の中村ハルコ、写真集『二月』が話題の小畑雄嗣、ニューヨーク在住の白井里実、1998年の『写真新世紀』で優秀賞を受賞した池田宏彦、『カンヌ国際広告祭』のエレクトロニクスカテゴリーで金獅子賞を受賞し、写真家として作品を初展示する結城臣雄、沖縄在住の山城知佳子の6名を迎える。それぞれの「かがやきの瞬間」が日本の新しいスナップショットの可能性を魅せてくれるだろう。

また、同時開催のコレクション展『スナップショットの魅力』は、アンリ・カルティエ=ブレッソンから現代を代表する写真家まで、バラエティに富んだスナップショットの名作を紹介。スナップショットの作品をより幅広く楽しむことができる。

※記事公開時、実際の展示と異なる作品画像を掲載しておりました。訂正してお詫びいたします。

『日本の新進作家展vol.9 かがやきの瞬間 ニュー・スナップショット』

2010年12月11日(土)~2011年2月6日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
休館日:月曜(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
料金:一般700円 学生600円 中高生・65歳以上500円 小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料

『Syabi クリスマスライブ』

2010年12月24日(金)
会場:2階エントランスロビー
時間:18:30~19:15
演奏:ダニエル・コフリン(ギター)
※入場無料、どなたでも鑑賞可能

『出品作家によるフロアレクチャー』

2010年12月11日(土)
時間:14:00~
解説:山城知佳子(出品作家)
※本展覧会の半券(当日有効)を持参のうえ、会場入り口に集合

『出品作家による新春特別フロアレクチャー』

2011年1月2日(日)
時間:16:00~
作家:池田宏彦、小畑雄嗣
※どなたでもご参加いただけます。

2011年1月3日(月)
時間:16:00~
作家:池田宏彦、小畑雄嗣、結城臣雄
※本展覧会の半券(当日有効)を持参のうえ、会場入り口に集合

『担当学芸員によるフロアレクチャー』

2010年12月17日(金)16:00~
2011年1月7日(金)16:00~
2011年1月21日(金)16:00~
2011年2月4日(金)16:00~
※本展覧会の半券(当日有効)を持参のうえ、会場入り口に集合

(画像上:中村ハルコ「光の音」より 1993-98年 ©Estate of Haruko Nakamura Courtesy Tomio Koyama Gaiiery, Tokyo/ Formarie la Luce, Tokyo、画像中:白井里美「ホーム・アンド・ホーム」2007年 ©Shirai Satomi、画像下:小畑雄嗣「二月 Wintertale」より 2007年 ©Obata Yuji)

中村ハルコ「光の音」より 1993-98年 ©Estate of Haruko Nakamura Courtesy Tomio Koyama Gaiiery, Tokyo/ Formarie la Luce, Tokyo
中村ハルコ「光の音」より 1993-98年 ©Estate of Haruko Nakamura Courtesy Tomio Koyama Gaiiery, Tokyo/ Formarie la Luce, Tokyo

白井里美「ホーム・アンド・ホーム」2007年 ©Shirai Satomi
白井里美「ホーム・アンド・ホーム」2007年 ©Shirai Satomi

小畑雄嗣「二月 Wintertale」より 2007年 ©Obata Yuji
小畑雄嗣「二月 Wintertale」より 2007年 ©Obata Yuji
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで