ニュース

3D映画などで使われる「立体視」、その歴史とその新たな表現を多角的に検証

3D映画などで使われている視覚原理「立体視」をテーマとする『映像をめぐる冒険vol.3 3Dヴィジョンズ ―新たな表現を求めて―』が、東京・恵比寿の東京都写真美術館で12月21日から開催される。

『映像をめぐる冒険』は、「イマジネーションの表現」「アニメーション」「立体視」「拡大と縮小」「記録としての映像」という5つのテーマから毎年ひとつをとりあげ、収蔵作品を中心に、多彩な特別展示とあわせて映像の在り方を再考していくシリーズ企画。3回目となる今回は、メディアテクノロジーや立体視を利用した新たな表現を紹介する。

同展は3部構成となっており、19世紀中ごろから20世紀初頭までの立体写真や、立体視装置の変遷を紹介する。加えて、CG など現代のテクノロジーと初期立体視の仕組みを組み合わせた津島岳央の『ref LE ction × ref RA ction』や五島一浩の新作を展示するほか、新たな表現として現代のメディアテクノロジーと立体視を使った藤幡正樹の『Field-works』シリーズなど100点が登場。今後、立体視を使ってどのような表現が可能になるのかを多角的に検証していく。

『映像をめぐる冒険vol.3 3Dヴィジョンズ ―新たな表現を求めて―』

2010年12月21日(火)~2011年2月13日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木・金は20:00まで、入館は閉館の30分前)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌火曜日)、2010年12月28日~2011年1月1日および2011年1月4日(2011年1月2日・3日(11:00~18:00)は臨時開館)
料金:一般500円 学生400円 中高生・65歳以上250円(12月24日17:30~20:00に限り写真美術館のすべての展覧会が無料公開)

関連イベント

『スペシャル・ライブ Visual & Sound Programming for 3D』

2010年12月23日(木・祝)19:00~
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館2階ラウンジ
出演:
比嘉了(アーティスト・プログラマー)
鈴木英倫子(造形作家・音楽家)
谷口暁彦(アーティスト)

『アーティスト・トーク(作家による作品解説)』

会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館地下1階展示室
2011年1月6日(木)18:30~
出演:五島一浩
2011年1月20日(木)18:30~
出演:津島岳央
ゲスト:原田大三郎(多摩美術大学教授)
2011年1月28日(金)18:30~
出演:藤幡正樹

『担当学芸員によるフロアレクチャー』

2010年12月24日(金)16:00~
2011年1月14日(金)16:00~
2011年1月28日(金)16:00~
2011年2月11日(金・祝)16:00~

(画像上から:津島岳央『Allegory of Media Art』2006年、五島一浩《STEREO SHADOW》2008年、藤幡正樹《故郷とは?ジュネーヴにて/ Landing Home in Geneva》2005年、ネグレッティ&ザンブラ社『クリスタル・パレス』1851-1852 年頃)

津島岳央『Allegory of Media Art』2006年
津島岳央『Allegory of Media Art』2006年
五島一浩《STEREO SHADOW》2008年
五島一浩《STEREO SHADOW》2008年
藤幡正樹《故郷とは?ジュネーヴにて/ Landing Home in Geneva》2005年
藤幡正樹《故郷とは?ジュネーヴにて/ Landing Home in Geneva》2005年
ネグレッティ&ザンブラ社『クリスタル・パレス』1851-1852 年頃
ネグレッティ&ザンブラ社『クリスタル・パレス』1851-1852 年頃
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優