前野健太の阿久悠トリビュート曲“花のように 鳥のように”が配信限定シングル化

前野健太の阿久悠トリビュート曲“花のように 鳥のように”が、配信限定シングルとして本日2月2日にリリースされた。

“花のように 鳥のように”は、昨年9月にリリースされた阿久悠の偉業をたどるオムニバスアルバム『新・人間万葉歌~阿久悠作詞集』に収録されたナンバー。『人間万葉歌』シリーズの完結版としてリリースされた同アルバムには、阿久悠が作詞を手掛けた楽曲達はもちろん、やくしまるえつこやUAが提供した新録のトリビュート曲なども収録されていた。

5,000曲を超える阿久悠作品の中から前野が選んだ“花のように 鳥のように”は、演歌歌手・桂銀淑が1994年に発表したシングル曲。選曲の理由を前野は「どの曲を選ぶかすごく迷ったけれども、単純に一番感動したのがこの曲だった。桂銀淑さんの歌がまず凄い、というのはありつつ、この曲には僕が歌う余地があった」と、『新・人間万葉歌~阿久悠作詞集』の曲目解説で語っている。

ジャケットイラストは、阿久悠と親交があった漫画家・上村一夫の作品『同棲時代』が起用されている点も注目だ。

前野健太
『花のように 鳥のように』

2011年2月2日配信限定リリース

itune storeで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 前野健太の阿久悠トリビュート曲“花のように 鳥のように”が配信限定シングル化

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて