瀬々敬久監督新作で岡田将生と栄倉奈々が初共演、さだまさしの小説を映画化

映画『ヘヴンズ ストーリー』などで知られる瀬々敬久監督が、さだまさしの小説『アントキノイノチ』を映画化することがわかった。

同作には、『余命1ヶ月の花嫁』『Life 天国で君に逢えたら』などで「命」というテーマに取り組み続け、数々のヒット作を生み出した製作チームが参加。うまく他人と関わることができなくなった青年が、遺品整理の仕事を通じて生きることの重さと意味を知る感動作になるという。

キャストには、『告白』『悪人』『雷桜』などで躍進をつづける岡田将生と、今年公開映画『のぼうの城』で甲斐姫に挑む栄倉奈々が決定。初共演となる2人が、複雑な過去を持つ難しい役どころに挑む。

映画『アントキノイノチ』は2011年秋に公開予定だ。

『アントキノイノチ』

2011年秋公開予定
監督:瀬々敬久
原作:さだまさし『アントキノイノチ』(幻冬舎)
出演:
岡田将生
栄倉奈々
配給:松竹

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 瀬々敬久監督新作で岡田将生と栄倉奈々が初共演、さだまさしの小説を映画化

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて