世界最年長の電子音響作家・刀根康尚のライフワークが完成、万葉集4,516首を音響化

世界最年長の電子音響作家、刀根康尚の新作『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』が、本日3月9日に渋谷慶一郎のレーベル・ATAKからリリースされた。

刀根は、1960年代を代表する前衛芸術運動「フルクサス」の創設メンバーであり、小杉武久らとの即興音楽集団「グループ・音楽」や、赤瀬川原平らの「ハイレッド・センター」に参加するなど多くの前衛芸術運動に関わってきた。現在はニューヨークに活動拠点を移し、75歳の今も精力的な活動をみせている。

同作は、万葉集を独自のプログラムで音響データに変換した刀根のライフワークであり、4,516首を音響化したコンプリート盤。構想・制作に14年もの年月を費やし、2,000時間を越えるCD-ROMと、渋谷慶一郎の編集による60分の抜粋盤、刀根本人執筆による解説ブックレット、さらに直筆のリミテッドサインを収めたスペシャルボックス仕様となっている。また、同作の30秒PVも公開されており、未知なる作品の片鱗に触れることができる。

Yasunao Tone
『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』

2011年3月9日発売
価格:10,500円(税込)
ATAK016

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 世界最年長の電子音響作家・刀根康尚のライフワークが完成、万葉集4,516首を音響化

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて