バンクシー初監督映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』が7月に公開延期

覆面のグラフィティアーティスト、バンクシー(BANKSY)が手掛けた初監督映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の公開延期が発表された。

同作は、常に予想外の行動でメディアを騒がせているバンクシーを、映像作家ティエリー・グエッタがストリートアートのドキュメンタリー映画を制作するために行った取材をきっかけに生まれた作品。バンクシーはティエリーに映像の才能がないことに気付き、逆にティエリー自身をアーティスト「ミスター・ブレインウォッシュ」として撮影しはじめたという。

当初は4月9日から東京都写真美術館と渋谷シネマライズで上映予定だったが、東京都写真美術館が震災の影響によりレイトショー上映を取りやめた事などを受け、7月16日に公開が延期された。現時点での都内公開劇場は渋谷シネマライズのロードショーのみとなっている。なお、『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の公式Twitterアカウントによると大阪での上映も予定しているとのこと。続報を楽しみに待とう。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

2011年7月16日より渋谷シネマライズほか全国順次公開
監督:バンクシー
ナレーション:リス・エヴァンス
音楽:ロニ・サイズ
出演:
ティエリー・グエッタ
スペース・インベーダー
シェパード・フェリー
バンクシー
ほか
配給:パルコ/アップリンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • バンクシー初監督映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』が7月に公開延期

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて