ふくろうずメジャー進出アルバムは『砂漠の流刑地』、新制作陣に益子&アイゴンら

4人組バンドふくろうずのメジャーデビューアルバム『砂漠の流刑地』が、6月22日にEPICレコードからリリースされる。

ふくろうずは内田万里(Vo,Key)、石井竜太(Gt)、安西卓丸(Ba,Cho)、高城琢郎(Dr)からなるバンド。インディーズ時代には、2枚のアルバム『ループする』『ごめんね』をリリースしており、ポップさと浮遊感を併せもった音楽世界で着実にファンを増やしている。

彼らにとって3枚目のアルバムとなる『砂漠の流刑地』は、制作陣に前作から引き続き参加する益子樹(ROVO、ASLN、DUB SQUAD)に加え、會田茂一、古里おさむ(uminecosounds)が加わったことにより、バリエーションに富んだ仕上がりになりそうだ。

収録曲などの詳細は後日発表予定。なお、ふくろうずのウェブサイトもリニューアルされており、アルバムをイメージしたかわいらしさとサイケデリック感溢れる装いとなっている。

ふくろうず
『砂漠の流刑地』

2011年6月22日発売
価格:2,500円(税込)
ESCL-3673
※初回盤のみデジパック仕様

(画像:ふくろうず『ごめんね』ジャケット)

  • HOME
  • Music
  • ふくろうずメジャー進出アルバムは『砂漠の流刑地』、新制作陣に益子&アイゴンら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて