松山ケンイチが育児に挑む「イクメン」に、宇仁田ゆみ原作映画『うさぎドロップ』

松山ケンイチ主演の映画『うさぎドロップ』が、8月20日から全国で公開される。

27歳独身彼女なしのサラリーマン・ダイキチは、祖父の葬式会場で不思議な6歳の少女・りんと出会う。祖父の隠し子である彼女を施設に入れようとする親族に反対し、ダイキチがりんを引き取って育てると宣言した事から、2人のちぐはぐな共同生活がスタートする。

原作は、漫画家・宇仁田ゆみ同名漫画。監督は映画『蟹工船』などで知られるSABUが務める。キャストにはダイキチ役に松山ケンイチ、りん役に近年注目の子役・芦田愛菜を起用。育児に取り組む男性、通称「イクメン」役に挑戦する松山の奮闘する姿を、公開された場面写真からもうかがう事が出来るだろう。また、香里奈、池脇千鶴、キタキマユ、風吹ジュン、中村梅雀などの俳優陣も2人の脇を固めている。

また、同作の主題歌がPUFFYの書きおろし楽曲“SWEET DROPS”に決定。フジテレビ系「ノイタミナ」ほかで7月より放送予定の同名アニメの主題歌にも同楽曲が使用される。


『うさぎドロップ』

2011年8月20日より全国公開
監督・脚本:SABU
原作:宇仁田ゆみ『うさぎドロップ』
主題歌:PUFFY“SWEET DROPS”
出演:
松山ケンイチ
香里奈
池脇千鶴
芦田愛菜
木村了
キタキマユ
風吹ジュン
中村梅雀
配給:ショウゲート

(画像:©2011『うさぎドロップ』製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松山ケンイチが育児に挑む「イクメン」に、宇仁田ゆみ原作映画『うさぎドロップ』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて