日本版『WIRED』発売をDOMMUNEでお祝い、US版編集長、チームラボ、AR3兄弟ら登場

13年ぶりに刊行される雑誌『WIRED』日本版の第1号発売を記念したイベントが、明日6月9日にDOMMUNEでライブストリーミング配信される。

アメリカの雑誌『WIRED』は、1993年に創刊。同誌の日本版は1994年に同朋舎出版から刊行されていたが、1998年をもって休刊となっていた。今回のイベントでは、同誌の再出発を祝いつつ、多彩なゲストを招いて「過去」「現在」「未来」の3つのテーマでテクノロジーについて考察。未来への新たな指針を提示するという。

出演者は、日本版『WIRED』の現編集長・長崎義紹や、休刊当時の編集長だった小林弘人らスタッフ一同をはじめ、コンテンツディレクターの米田智彦、チームラボの猪子寿之、山本遼、高須正和、AR三兄弟の3人のほか、ライブパフォーマーのTUCKERも名を連ねている。さらにアメリカ版『WIRED』編集長のクリス・アンダーソンも登場予定とのこと。

なお、同プログラムはスタジオでの一般来場を受け付けていないため、配信のみで視聴可能だ。

『WIRED』発売記念ライブストリーミング

2011年6月9日(木)19:00からDOMMUNEで放送
出演:
長崎義紹(日本版『WIRED』編集長)
小林弘人(『WIRED』エディトリアル・アドバイザー)
TUCKER
米田智彦(コンテンツディレクター)
クリス・アンダーソン(アメリカ版『WIRED』編集長)※ビデオ出演
猪子寿之(チームラボ)※ビデオ出演
田村哲也(チームラボ)
山本遼(チームラボ)
高須正和(チームラボ)
川田十夢(AR三兄弟・長男)
高木伸二(AR三兄弟・次男)
小笠原雄(AR三兄弟・三男)
『WIRED』編集部

『WIRED』VOL.1

2011年6月10日発売
価格:480円(税込)
発行:コンデナスト・ジャパン

amazonで購入する


  • HOME
  • Book
  • 日本版『WIRED』発売をDOMMUNEでお祝い、US版編集長、チームラボ、AR3兄弟ら登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて