奈良の3ピースバンド・ワッツーシゾンビ、新体制の初アルバムは『N×A×R×A』

3人組ロックバンド「ワッツーシゾンビ」の新作アルバム『N×A×R×A』が、7月20日にリリースされる。

ワッツーシゾンビは、1999年に谷村じゅげむ(Vo,Gt)、安里アンリ(Vo,Gt)によって奈良で結成。2010年の三宅メグル(Dr)脱退に伴い、サポートドラマーとしてライブに参加していた山本テルトシが加入していた。

2年ぶりのアルバムとなる同作は、新体制でリリースされる初のアルバム。ダンサブルで浮遊感溢れる前作『WE ARE THE WORLD!!!』から一変し、ツインギターが奏でる荒々しいギターリフと躍動感溢れる山本のドラミングが絡み合うなど、シンプルかつアグレッシブなロックアルバムに仕上がっている。また、ゲストミュージシャンとして、牛尾健太(おとぎ話)がギター、宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)がボーカルとコーラスで参加しており、ミックスとマスタリングは曽我部恵一が手掛けている。

なお、アルバムタイトルである『N×A×R×A』は、3人の出身地である奈良という意味だけでなく、「New Age Revolution & Action」という意味も込められているという。

ワッツーシゾンビ
『N×A×R×A』

2011年7月20日発売
価格:1,800円(税込)
ROSE-120

1. 革命時代のロックンロール
2. DO してる?
3. I know ミラクル
4. あの日 あの時 あの場所で
5. 復活
6. ハラペコロック
7. センキュー
8. 小さなレボリューションのメロディー
9. 拝啓、ピースくん

amazonで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 奈良の3ピースバンド・ワッツーシゾンビ、新体制の初アルバムは『N×A×R×A』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて