F・オゾンの映画『8人の女たち』が舞台化、加賀まりこ、大地真央ら豪華女優がバトル

舞台『8人の女たち』が、12月9日から東京・ル テアトル銀座、2012年1月7日から大阪・森ノ宮ピロティーホールで上演される。

同作は、2002年に公開されたフランソワ・オゾン監督の同名映画を舞台化したもの。クリスマスを祝うために集まった家族の中で殺人事件が起こり、外界との接触を断たれた8人の女性がその真相を明かしていくミステリー作品だ。密室となった空間で疑心暗鬼を募らせた女たちが互いに詮索しあい、徐々にそれぞれの思惑や秘密が暴かれていく様子が描かれる。

映画版でカトリーヌ・ド・ヌーヴが演じたギャビー役を大地真央が演じるほか、今回の舞台版には浅野温子、荻野目慶子、加賀まりこ、大地真央、戸田恵子、マイコ、牧瀬里穂、南沢奈央といった豪華女優陣が名を連ねている。

また、近年舞台作を数多く手がけているG2が演出を担当。緊張感を漂わせながらも、笑いの要素もちょっぴり含んだ、女8人の壮絶なバトルを楽しめるだろう。


『8人の女たち』

2011年12月9日(金)~12月25日(日)
会場:東京都 ル テアトル銀座

2012年1月7日(土)~1月9日(月・祝)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティーホール

原作:ロベール・トマ
演出:G2
出演:
浅野温子
荻野目慶子
加賀まりこ
大地真央
戸田恵子
マイコ
牧瀬里穂
南沢奈央

(画像上:浅野温子、画像中:大地真央、画像下:加賀まりこ)

  • HOME
  • Stage
  • F・オゾンの映画『8人の女たち』が舞台化、加賀まりこ、大地真央ら豪華女優がバトル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて