怒れる少女と少年がテロの旅へ、暴力の連鎖描く問題作『アジアの純真』

暴力による報復の連鎖をテーマにした映画『アジアの純真』が、10月15日から東京・新宿K's Cinemaほか全国で公開される。

同作は、日本人のチンピラに姉を虐殺された孤独で勝ち気な在日朝鮮人の少女と、その殺害現場で見て見ぬ振りをしてしまった気弱な日本人高校生を主人公に据えた作品。北朝鮮への反発感情が渦巻く2002年の日本を舞台に、怒りに駆られた少女と少年が旧日本軍の毒ガスを手にし、テロリストになるというあらすじだ。少女役を『ピストルオペラ』『誰も知らない』などに出演した韓英恵、少年役を『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』などで知られる笠井しげが演じている。

監督は、プロデューサーとして映画『ピストルオペラ』『オペレッタ狸御殿』で、鈴木清順作品を手掛けた片嶋一貴。脚本は、片嶋と同じく若松孝二監督に師事していた井上淳一が担当。井上は同作について「9.11以降、世界が直面する最も大きな問題である、報復の連鎖を絶つというテーマに繋がることを願って、このシナリオを書きました」とコメントしている。

今年開催された『第40回ロッテルダム映画祭』では、その過激なテーマから物議を醸す一方で、スタイリッシュなモノクロ映像が「白黒の奇跡」と賞賛された同作。日本での公開も話題を呼びそうだ。

CINRA.NETでは、『アジアの純真』劇場鑑賞券を10組20名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォーム件名欄に「アジアの純真劇場鑑賞券応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、劇場鑑賞券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年10月12日)

『アジアの純真』

2011年10月15日から、新宿K's Cinemaほか全国順次公開
監督:片嶋一貴
脚本:井上淳一
出演:
韓英恵
笠井しげ
黒田耕平
丸尾丸一郎
川田希
澤純子
パク・ソヒ
白井良明(ムーンライダース)
若松孝二
配給:ドッグシュガームービーズ

(画像:©2009 PURE ASIAN PROJECT)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 怒れる少女と少年がテロの旅へ、暴力の連鎖描く問題作『アジアの純真』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて