震災後の世界変える「想像力」語る、批評家・宇野常寛の新著『リトル・ピープルの時代』

評論家・宇野常寛の最新刊『リトル・ピープルの時代』が、幻冬舎から刊行された。

宇野常寛は、1978年生まれの評論家。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」を主宰するほか、カルチャー総合誌『PLANETS』編集長を務めている。主な著書に、『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、更科修一郎との共著『批評のジェノサイズ』(サイゾー)などがある。

『リトル・ピープルの時代』では、作家・村上春樹の話題作『1Q84』に登場する超自然的な存在「リトル・ピープル」という概念に込められたものを考察することから出発し、様々なポップカルチャーを縦横無尽に分析。400字詰め原稿用紙900枚に及ぶ、宇野曰く「評論家生命をかけた」大作だ。

宇野は3月11日に起きた東日本大震災をきっかけに、それまで執筆を進めていた同作の原稿を大幅に改変。既存の構造や世界を変えて拡大していくことが可能な震災後の「想像力」について、文化批評の立場から徹底的に論じている。

なお、月刊『サイゾー』8月号および宇野常寛のオフィシャルサイトには、自身のエッセイを掲載。同作執筆に際しての想いが綴られている。

また、『PLANETS』の増刊号『PLANETS SPECIAL 2011 夏休みの終わりに』が8月31日に発売される。今回は、春夏のコンテンツの総括と東日本大震災をめぐるインタビューを中心に掲載。『コミックマーケット』での先行発売も行われるので、詳しくはオフィシャルサイトでチェックして欲しい。

『リトル・ピープルの時代』

2011年7月30日発売
著者:宇野常寛
価格:2,310円(税込)
発行:幻冬舎

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 震災後の世界変える「想像力」語る、批評家・宇野常寛の新著『リトル・ピープルの時代』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて