ザック・スナイダーとクリストファー・ノーランがタッグ、あのヒーローが新デザインに

2013年に公開予定のヒーローアクション映画『Man of Steel(原題)』に登場するスーパーマンの新コスチュームが明らかになった。

同作は、1938年にアメリカンコミックスのキャラクターとして初登場以来、70年以上にわたって親しまれてきたキャラクターであるスーパーマンの活躍を描いた作品。今回の映画化では、従来の全身青色タイツから、プロテクターのような立体的なものに一新。色は深みのあるダークブルーとなり、トレードマークの「S」の文字デザインも変更になっている。

同作の監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』や『エンジェル ウォーズ』で知られるザック・スナイダー。製作には『ダークナイト』『インセプション』などで監督を務めたクリストファー・ノーランが名を連ねている。

主演のスーパーマンことクラーク・ケントにはヘンリー・カヴィルが抜擢。また、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』や『魔法にかけられて』に出演したエイミー・アダムスが女性記者ロイス・レイン、『マトリックス』シリーズで知られるローレンス・フィッシュバーンが副編集長のペリー・ホワイトを演じる。また、ダイアン・レイン、ケビン・コスナー、ラッセル・クロウも登場する。なお、物語のあらすじは、クリプトン人の生き残りがスーパーマンに戦いを挑むものになるという。

『Man of Steel(原題)』

2013年日本公開予定
監督:ザック・スナイダー
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー
製作:クリストファー・ノーラン、チャールズ・ローヴェン、エマ・トーマス、デボラ・スナイダー
出演:
ヘンリー・カヴィル
エイミー・アダムス
ローレンス・フィッシュバーン
ダイアン・レイン
ケビン・コスナー
マイケル・シャノン
アンチュ・トラウェ
ジュリア・オーモンド
ラッセル・クロウ
ハリー・J・レニックス
クリストファー・メローニー
ほか
配給:ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ

(画像:©Warner Bros. Ent. All Rights Reserved)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ザック・スナイダーとクリストファー・ノーランがタッグ、あのヒーローが新デザインに

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて