Mr.ビーンことアトキンソンが再び「天災的スパイ」に、今度は世界各国で大暴れ

イギリスのコメディ番組『Mr.ビーン』で知られるローワン・アトキンソンの主演アクションコメディ映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』が、2012年1月21日から有楽町スバル座ほか全国で公開される。

2003年に公開された『ジョニー・イングリッシュ』の続編となる同作。前作に引き続き、007ことジェームズ・ボンドのように立ち回るローワン・アトキンソンが、予想を裏切らない失敗を繰り返す「天災的スパイ」ことジョニー・イングリッシュを熱演。今作でイングリッシュは、英中会談を控えた中国首相の暗殺計画を阻止するというミッションに挑む。

さらに同作では、ロンドンだけでなく、チベット、香港、スイスと舞台を移すワールドワイドな物語が展開。『女王陛下の007』を彷彿とさせる雪山アクションなども盛り込まれており、『007』シリーズへの愛を込めた笑いの要素を散りばめている。また、モーターボートでのチェイスや高速車椅子での逃走、ケーブルカー上での死闘、カンフー対決まで、バラエティに富んだアクションシーンも見どころとなる。

監督は『理想の結婚』のオリヴァー・パーカー。『Xファイル』のスカリー役でおなじみのジリアン・アンダーソンが、イングリッシュに振り回される上司役で出演。アカデミー賞受賞作『英国王のスピーチ』で撮影を手掛けたダニー・コーエンの手腕にも注目が集まりそうだ。

『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』

2012年1月21日(土)から有楽町スバル座ほか全国ロードショー
監督:オリバー・パーカー
脚本:ハーミッシュ・マッコール
出演:
ローワン・アトキンソン
ジリアン・アンダーソン
ドミニク・ウェスト
ロザムンド・パイク
配給:東宝東和

(画像:©2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • Mr.ビーンことアトキンソンが再び「天災的スパイ」に、今度は世界各国で大暴れ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて