ニュース

ピエール瀧が落語の師匠に、粋な落語家達が送る本物の日常風景描く『落語物語』

落語家・林家しん平の監督映画『落語物語』が、3月12日から東京・東劇を皮切りに全国で順次公開される。

落語家を描いた数多くの作品が作られる中で、落語家自らがメガホンを取ったことでも話題を集めている同作。たまたま寄席で聴いた落語に惹かれた引っ込み思案な青年、春木真人が、今戸家小六師匠に弟子入りし、多くの落語家たちに叱咤激励されながら一人前の落語家へと成長していく姿と、落語家たちの粋で大らかなありのまま姿が描かれている。

普段はのんきで頼りない亭主だが、落語界では芸も地位もある今戸家小六役を演じるのは、電気グルーヴの活動をはじめ、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で溝渕広之丞役を好演したピエール瀧。小六を支える明るくしっかり者の女房・葵役を田畑智子が務め、今戸家小春と名を貰った春木真人役を、入門8年目となる二ツ目の落語家・柳家わさびが演じている。

人情溢れるストーリーはもちろん、落語協会による初の全面バックアップが実現した点も見どころだ。キャストには、寄席の大看板・柳家権太楼をはじめ、プラチナチケット必至の柳家喬太郎、春風亭小朝、若手の筆頭・隅田川馬石など、40人を超える現役人気落語家が総出演。さらに、東京に残る4軒の寄席で撮影を慣行。着物から小道具、お囃子まですべて本物が使用されており、寄席の高座や楽屋風景、芸人同士のやりとりや独特な師弟関係なども忠実に再現されている。中でも高座着への着替えシーンなど所作の美しさは必見だ。

『落語物語』

2011年3月12日(土)より、東劇ほか全国順次ロードショー
監督・脚本・原作:林家しん平
出演:
ピエール瀧
田畑智子
柳家わさび
柳家権太楼
春風亭小朝
石橋杏奈
嶋田久作
三遊亭時松
柳家小権太
隅田川馬石
古今亭志ん橋
三遊亭小円歌
柳家喬太郎
桂文楽
配給・宣伝:スールキートス

(画像:©2011『落語物語』製作委員会)

©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
©2011『落語物語』製作委員会
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告