ニュース

解散を発表した椿屋四重奏がベストアルバムとライブDVDボックス、単行本を同時発売

解散を発表した椿屋四重奏が、ベストアルバムとライブDVDボックス、単行本を3月23日に同時発売することがわかった。

ベストアルバム『BEST MATERIALS』は、2003年のデビューからラストシングル“マテリアル”までのシングル曲を中心とした全16曲を収録。初回限定盤は、現在入手困難となっているメジャーデビュー前の自主制作音源10曲をまとめたCD『雑録十撰』と、メジャーデビュー以降の6本のPVをまとめたDVDが付いた3枚組となる。

ライブDVDボックス『PAST EMOTIONS』は、2007年から2011年の解散までの数々のライブ映像と、解散発表直後に撮り下ろされたメンバー全員のインタビュー映像を3枚のDVDに凝縮。さらに、スペシャルフォトブックレットも付属したボリュームのあるボックスセットだ。

タワーレコード限定発売となる単行本『群青』は、デビュー時から椿屋四重奏の歩みを追い続けてきた雑誌『音楽と人』が監修。メンバーそれぞれの解散インタビュー、デビューから解散までの『音楽と人』掲載のインタビュー記事、そしてラストライブとなった『SENDAI SUNRISE』の写真、レポートを中心に構成された「コンプリート椿屋四重奏ブック」といえる内容となっている。

ベストアルバムとDVDボックスの発売を記念した特設サイトもオープン。商品情報や、音源と動画の試聴ができるほか、同作に関するスタッフのTwitterでのつぶやきを閲覧することが可能だ。

椿屋四重奏
『BEST MATERIALS』初回限定盤(2CD+DVD)

2011年3月23日発売
価格:3,980円(税込)
WPZL-30275/7

[DISC1]
1. 群青
2. 小春日和
3. 紫陽花
4. 螺旋階段(acoustic version)
5. 幻惑
6. トワ
7. LOVER
8. 恋わずらい
9. 不時着
10. フィナーレ
11. アンブレラ
12. シンデレラ
13. いばらのみち
14. NIGHTLIFE
15. ロスト・チルドレン
16. マテリアル
[DISC2]『雑録十撰』
1. ほつれ髪(Instrumental)
2. 惑わず仕舞
3. 純真ヲトメ
4. 落陽
5. 浮世見聞
6. はぐれきどり
7. 春夢去りて
8. 術無き日毎
9. 東風吹かば
10. みことすがら
[DVD収録内容]
1. LOVER
2. 恋わずらい
3. 不時着
4. シンデレラ
5. いばらのみち
6. マテリアル

椿屋四重奏
『BEST MATERIALS』通常盤

2011年3月23日発売
価格:3,150円(税込)
WPCL-10929

1. 群青
2. 小春日和
3. 紫陽花
4. 螺旋階段(acoustic version)
5. 幻惑
6. トワ
7. LOVER
8. 恋わずらい
9. 不時着
10. フィナーレ
11. アンブレラ
12. シンデレラ
13. いばらのみち
14. NIGHTLIFE
15. ロスト・チルドレン
16. マテリアル

椿屋四重奏
『PAST EMOTIONS』

2011年3月23日発売
価格:6,980円(税込)
WPBL-90146/8

[DVD DISC1収録内容]
2010年12月26日、中野サンプラザで行われたTOUR'10「BRIGHTEST DARKNESS」ファイナルのライブ映像
[DVD DISC2、3収録内容]
2007~2011年の厳選したLIVE映像と、解散発表直後に撮りおろしたメンバー全員によるインタビュー映像
※スペシャルフォトブックレット付

『群青』

2011年3月23日タワーレコード独占販売
監修:音楽と人編集部
価格:3,200円(税込)
発行:音楽と人

椿屋四重奏
椿屋四重奏
椿屋四重奏『BEST MATERIALS』ジャケット
椿屋四重奏『BEST MATERIALS』ジャケット
椿屋四重奏『PAST EMOTIONS』ジャケット
椿屋四重奏『PAST EMOTIONS』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」