ニュース

『Sense of Wonder 2011』全出演者発表、TOKYO NO.1 SOUL SETら追加

5月28日に茨城の笠間芸術の森公園で予定されている野外フェスティバル『Sense of Wonder 2011』の最終追加出演者が明らかになった。

追加されたのは、ライブアクトのTOKYO NO.1 SOUL SET、インスタレーションの「風の可視化アートProject」の2組。今回の発表をもって、30組を越える全出演者が出揃った。

なお、4月22日からはタワーレコードの一部店舗にて、『Sense of Wonder 2011』のチケットやオリジナルグッズが抽選で当たるキャンペーンが実施される。開催店舗は水戸内原店、渋谷店、新宿店、池袋店、秋葉原店、横浜モアーズ店、柏店、宇都宮店及びTOWER RECORDS ONLINEとなるので、詳細はオフィシャルサイトからチェックしてみよう。

『Sense of Wonder 2011』

2011年5月28日(土)OPEN 9:00 / START 10:00
会場:茨城県 笠間市 笠間芸術の森公園

ライブ:
chaplin production(And Vice Versa、鳥と麺と、mal da kid)
CINEMA dub MONKS
Dachambo
DEEP COVER
eastern youth
カヒミ・カリィ
mama!milk
MIDICRONICA×Fragment
OOIOO
Open Reel Ensemble
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
Picidae
Predawn
salyu×salyu
SKAIDI
sleepy.ab
U-zhaan
TOKYO NO.1 SOUL SET
アラヤヴィジャナ
児玉奈央
ロックブッダ
パフォーマンス:
Terje Isungset×Maika Misumi
いしいしんじ
鉄割アルバトロスケット
インスタレーション:
Candle JUNE
D.H.Rosen
Masaaki Kawaguchi
MIRRORBOWLER
金谷裕子
風の可視化アート Project
柴崎辰規
須和大
八田綾子
細野ひで晃
山口佳織
吉村由美

料金:前売8,000円 当日10,000円 地元割チケット(笠間市市民限定)5,500円 駐車券300円 テント券2,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年