ニュース

反骨と躍動、日独の若手異色ペインター2人展『黒川知希/タティアナ・ドール』展

1970年代生まれの日独ペインターによる2人展『黒川知希 / タティアナ・ドール 新作展』が、5月21日から東京・白金のNANZUKA UNDERGROUNDで開催される。

黒川知希は、1975年生まれのペイントアーティスト。美術の高等教育を一切受けずに独学で絵を学び、既存の価値やルールに縛られない反骨精神に基づいて、大胆な挑戦を試みている作家。常識をいかに視覚的に裏切れるかというテーマや、既存の価値に対するアンチテーゼを含んだ創作姿勢を貫いている。その作品は、現代社会の中でアーティストとして生きる問題意識を投げかけているといえるだろう。

対するタティアナ・ドールは、1970年に旧西ドイツのブルクシュタインフルトに生まれ、デュッセルドルフ芸術大学を卒業したアーティスト。彼女が描く対象は、子供の玩具から自動車、飛行機、道路標識、歴史的名画、あるいは映画やテレビゲームのワンシーンまで、多くは同時代性を感じさせる事物だ。2010年にもNANZUKA UNDERGROUNDで展覧会を行い、高級車ランボルギーニ・レヴェントンを巨大サイズで描いた作品で注目を集めた。

同展では、2人の新作を展示。時にはその作品のサイズが10メートルにも及ぶ両者の作品は、ペインティングの力を信じてハードワークを続けた結晶のように、見る者に迫ることだろう。


『黒川知希 / タティアナ・ドール 新作展』

2011年5月21日(土)~6月18日(土)
会場:東京都 白金 NANZUKA UNDERGROUND
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日

(画像上から:Tomoki Kurokawa [ Our life ] Acrylic Painting on Canvas 1620 × 1303 mm 201、Tatjana Doll [ DUMMY Cat Shinkansen (Nalan) ] Enamel on Canvas 200 × 100 cm 2007、Tomoki Kurokawa [ Those days ] Acrylic Painting on Canvas 500 × 606 mm 2011、Tomoki Kurokawa [ Watermelon ] Acrylic Painting on Canvas 1940 × 1620 mm 2011、Tatjana Doll TECHNIC_.Subway Computer Game 2009 200 x 300 cm enamel on canvas)

Tomoki Kurokawa [ Our life ] Acrylic Painting on Canvas 1620 × 1303 mm 2011
Tomoki Kurokawa [ Our life ] Acrylic Painting on Canvas 1620 × 1303 mm 2011
Tatjana Doll [ DUMMY Cat Shinkansen (Nalan) ] Enamel on Canvas 200 × 100 cm 2007
Tatjana Doll [ DUMMY Cat Shinkansen (Nalan) ] Enamel on Canvas 200 × 100 cm 2007
Tomoki Kurokawa [ Those days ] Acrylic Painting on Canvas 500 × 606 mm 2011
Tomoki Kurokawa [ Those days ] Acrylic Painting on Canvas 500 × 606 mm 2011
Tomoki Kurokawa [ Watermelon ] Acrylic Painting on Canvas 1940 × 1620 mm 2011
Tomoki Kurokawa [ Watermelon ] Acrylic Painting on Canvas 1940 × 1620 mm 2011
Tatjana Doll TECHNIC_.Subway Computer Game 2009 200 x 300 cm enamel on canvas
Tatjana Doll TECHNIC_.Subway Computer Game 2009 200 x 300 cm enamel on canvas
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと