ニュース

音楽&文化フェス『ぼくらの文楽』にキセル、レキシ、Pink freud追加

9月17日、18日に山形の「古代の丘縄文村」で開催される音楽イベント『ぼくらの文楽(ぼくらのぶんがく)』の追加出演者が明らかになった。

追加された出演者は、ポーランド発のジャズバンドPink freudと、キセル、レキシの3組。既に発表されていた七尾旅人、DE DE MOUSE、Little Creatures、コトリンゴ、トクマルシューゴらとあわせて、ライブ出演者は計13組となった。

音楽ライブと講義、ワークショップなどの融合を目指す同イベントの会場は、縄文遺跡を復元した体験型施設。広大な敷地内の「太陽の広場」「星の広場」「土偶広場」などを利用し、ライブや様々な講義、ワークショップが行われる。

オフィシャルサイトのチケット先行予約は6月15日まで受付中だ。

『ぼくらの文楽』

2011年9月17日(土)、9月18日(日)OPEN 10:00
会場:山形県 長井市 古代の丘縄文村

出演アーティスト:
キセル
Qurage
栗コーダーカルテット
コトリンゴ
タテタカコ
たむらぱん
DE DE MOUSE
トクマルシューゴ
七尾旅人
Pink freud
Laika Came Back
LITTLE CREATURES
レキシ
and more

出演講師:
飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)
飯田仁一郎(音楽配信サイトototoyチーフプロデューサー)
菅野芳秀(レインボープラン推進協議会元会長)
鴻崎正武(東北芸術工科大学洋画コース講師、絵描き)
齋藤真知子(レインボープラン推進協議会会長)
笹尾千草(ココラボラトリー代表)
高田彩(birdoflugas代表、ビルドスペース運営)
三浦秀一(東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科准教授)
三瀬夏之介(東北芸術工科大学日本画コース准教授、絵描き)
山崎裕(こども昆虫教育推進者、尚絅学院大学)
and more

料金:
早割2日通し券 9,000円 
前売り2日通し券 11,000円
前売り1日券 6,000円
前売りテントサイト券 2,000円
当日1日券 7,500円(前売り券が完売した場合は販売なし)
シャトルパス 1,000円

『ぼくらの文楽』イメージ
『ぼくらの文楽』イメージ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る