ニュース

既存の戯曲元に新たな演劇生み出す劇団「重力/Note」、岸田賞受賞作家の作品上演

劇団「重力/Note」の公演『島式振動器官』が、6月30日から東京・上野ストアハウスで上演される。

重力/Noteは、演出家・鹿島将介によって2007年に旗揚げされた劇団。既存のテキストを取り上げる体制をとり、演劇表現の可能性を追求している。これまでにも長崎の原爆や隠れキリシタンを題材にした田中千禾夫『マリアの首』など、歴史上の破局的な経験を描いた文学性の高い古典作品を上演しており、今年度は寺山修司の作品にも取り組む予定だ。

『島式振動器官』は、過去に『岸田國士戯曲賞』を受賞している劇作家・演出家の松田正隆(マレビトの会)が、これまで確立してきた演劇観や評価を全て手放し、改めて演劇と向き合った時期に書かれた作品。松田はこれまでにも長崎を題材にした作品を多数発表してきたが、同作ではその問題意識をさらに深く描いている。

なお、公演期間中の本編終演後には、原作者の松田正隆をはじめ、劇団「ままごと」主宰の柴幸男、演劇ユニット「鳥公園」の西尾佳織らによるポストトークを開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

重力/Note
『島式振動器官』

2011年6月30日(木)~7月3日(日)全7公演
会場:東京都 上野ストアハウス
原作:松田正隆
構成・演出:鹿島将介
出演:
伊藤羊子
稲垣干城
内田りりこ
角北龍
瀧腰教寛

料金:前売2,700円 当日3,000円

『ポストトークイベント』

2011年6月30日(木)19:00~
出演:西尾佳織(鳥公園)

2011年7月1日(金)19:00~
出演:柴幸男(ままごと)

2011年7月3日(日)13:00~
出演:松田正隆(マレビトの会)

※いずれも本編上演後開催

(画像上:『島式振動器官』フライヤー、画像中:重力/Note『マリア/首』、画像下:重力/Note『二人/狂う』)

『島式振動器官』フライヤー
『島式振動器官』フライヤー
重力/Note『マリア/首』
重力/Note『マリア/首』
重力/Note『二人/狂う』
重力/Note『二人/狂う』
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる