ニュース

既存の戯曲元に新たな演劇生み出す劇団「重力/Note」、岸田賞受賞作家の作品上演

劇団「重力/Note」の公演『島式振動器官』が、6月30日から東京・上野ストアハウスで上演される。

重力/Noteは、演出家・鹿島将介によって2007年に旗揚げされた劇団。既存のテキストを取り上げる体制をとり、演劇表現の可能性を追求している。これまでにも長崎の原爆や隠れキリシタンを題材にした田中千禾夫『マリアの首』など、歴史上の破局的な経験を描いた文学性の高い古典作品を上演しており、今年度は寺山修司の作品にも取り組む予定だ。

『島式振動器官』は、過去に『岸田國士戯曲賞』を受賞している劇作家・演出家の松田正隆(マレビトの会)が、これまで確立してきた演劇観や評価を全て手放し、改めて演劇と向き合った時期に書かれた作品。松田はこれまでにも長崎を題材にした作品を多数発表してきたが、同作ではその問題意識をさらに深く描いている。

なお、公演期間中の本編終演後には、原作者の松田正隆をはじめ、劇団「ままごと」主宰の柴幸男、演劇ユニット「鳥公園」の西尾佳織らによるポストトークを開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

重力/Note
『島式振動器官』

2011年6月30日(木)~7月3日(日)全7公演
会場:東京都 上野ストアハウス
原作:松田正隆
構成・演出:鹿島将介
出演:
伊藤羊子
稲垣干城
内田りりこ
角北龍
瀧腰教寛

料金:前売2,700円 当日3,000円

『ポストトークイベント』

2011年6月30日(木)19:00~
出演:西尾佳織(鳥公園)

2011年7月1日(金)19:00~
出演:柴幸男(ままごと)

2011年7月3日(日)13:00~
出演:松田正隆(マレビトの会)

※いずれも本編上演後開催

(画像上:『島式振動器官』フライヤー、画像中:重力/Note『マリア/首』、画像下:重力/Note『二人/狂う』)

『島式振動器官』フライヤー
『島式振動器官』フライヤー
重力/Note『マリア/首』
重力/Note『マリア/首』
重力/Note『二人/狂う』
重力/Note『二人/狂う』
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Kitri“細胞のダンス”

ピアノ連弾ユニットKitriによる、大橋トリオプロデュースのメジャーデビューEP『Primo』から“細胞のダンス”のshortMVが公開。暗闇にひっそりと佇むピアノと、それを淡々と演奏する彼女達が作り出す不安定な世界観に徐々に引き込まれていく。跳ねる鍵盤はまさに細胞のダンス。映し出される手元と差し込む光、黒と赤のコントラストが美しい画面から目を離せない。(高橋)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生