ニュース

既存の戯曲元に新たな演劇生み出す劇団「重力/Note」、岸田賞受賞作家の作品上演

劇団「重力/Note」の公演『島式振動器官』が、6月30日から東京・上野ストアハウスで上演される。

重力/Noteは、演出家・鹿島将介によって2007年に旗揚げされた劇団。既存のテキストを取り上げる体制をとり、演劇表現の可能性を追求している。これまでにも長崎の原爆や隠れキリシタンを題材にした田中千禾夫『マリアの首』など、歴史上の破局的な経験を描いた文学性の高い古典作品を上演しており、今年度は寺山修司の作品にも取り組む予定だ。

『島式振動器官』は、過去に『岸田國士戯曲賞』を受賞している劇作家・演出家の松田正隆(マレビトの会)が、これまで確立してきた演劇観や評価を全て手放し、改めて演劇と向き合った時期に書かれた作品。松田はこれまでにも長崎を題材にした作品を多数発表してきたが、同作ではその問題意識をさらに深く描いている。

なお、公演期間中の本編終演後には、原作者の松田正隆をはじめ、劇団「ままごと」主宰の柴幸男、演劇ユニット「鳥公園」の西尾佳織らによるポストトークを開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

重力/Note
『島式振動器官』

2011年6月30日(木)~7月3日(日)全7公演
会場:東京都 上野ストアハウス
原作:松田正隆
構成・演出:鹿島将介
出演:
伊藤羊子
稲垣干城
内田りりこ
角北龍
瀧腰教寛

料金:前売2,700円 当日3,000円

『ポストトークイベント』

2011年6月30日(木)19:00~
出演:西尾佳織(鳥公園)

2011年7月1日(金)19:00~
出演:柴幸男(ままごと)

2011年7月3日(日)13:00~
出演:松田正隆(マレビトの会)

※いずれも本編上演後開催

(画像上:『島式振動器官』フライヤー、画像中:重力/Note『マリア/首』、画像下:重力/Note『二人/狂う』)

『島式振動器官』フライヤー
『島式振動器官』フライヤー
重力/Note『マリア/首』
重力/Note『マリア/首』
重力/Note『二人/狂う』
重力/Note『二人/狂う』
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る