ニュース

第2次大戦後に登場した「非定形芸術」運動を紹介『アンフォルメルとは何か?』展

第2次大戦後にフランスで勃興した芸術運動を紹介する企画展『アンフォルメルとは何か? 20世紀フランス絵画の挑戦』が、東京・八重洲のブリヂストン美術館で7月6日まで開催されている。

「アンフォルメル」とは、「非定形なるもの」を意味するフランス語で、第2次大戦後のパリに起こった抽象絵画の芸術運動のこと。強い物質感を感じさせる画面と、奔放でダイナミックな構成を特色としており、1950年代にはフランス国外をも巻き込む美術運動に発展した。関わったアーティスト達は、戦後の荒廃した時代を背景に、それまでの芸術の美学を放棄してもうひとつの芸術の創造を試みると共に、抽象絵画が与えてきた静的で幾何学的なイメージからの脱却を試みたという。また、意識下の精神状態から生み出されるものを描いたそれらの作品は「熱い抽象」と表現されることも多い。

同展では、油彩画、水彩画、版画、彫刻の約100点が3部構成で展示される。第1章は「抽象絵画の萌芽と展開」と題して、モネ、セザンヌ、カンディンスキー、クレー、ピカソ、レジェを展示。第2章の「『不定形な』絵画の登場」では、フォートリエ、デュビュッフェ、ヴォルスの3人の作品、第3章「戦後フランス絵画の抽象的傾向と『アンフォルメルの芸術』」では、スーラージュ、マチウ、ミショー、ポロック、サム・フランシスのほか、堂本尚郎、今井俊満、菅井汲といった日本の作家の作品も展示される。アンフォルメル芸術への理解をより深める絶好の機会となるだろう。


CINRA.NETでは、『アンフォルメルとは何か? 20世紀フランス絵画の挑戦』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「アンフォルメル展招待券応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年6月16日)

『アンフォルメルとは何か? 20世紀フランス絵画の挑戦』

2011年4月29日(金)~7月6日(水)
会場:東京都 八重洲 ブリヂストン美術館
時間:10:00~18:00(最終入館:17:30)
休館日:月曜日

出品作家:
モネ
セザンヌ
カンディンスキー
クレー
ピカソ
レジェ
フォートリエ
デュビュッフェ
ヴォルス
スーラージュ
マチウ
アルトゥング
ミショー
ポリアコフ
ド・スタール
リオペル
ポロック
ザオ・ウーキー
サム・フランシス
堂本尚郎
今井俊満
菅井汲

料金:
一般1,200円 シニア(65歳以上)1,000円 大高生900円
※中学生以下は入場無料

(画像上から:ニコラ・ド・スタール《コンポジション》 1948年、クロード・モネ 《黄昏、ヴェネツィア》、愛知県美術館、堂本尚郎《連続する溶解9》1964年 、石橋財団ブリヂストン美術館、菅井汲《赤い鬼》1954年、石橋財団ブリヂストン美術館、ヴォルス《構成》 1947年、国立国際美術館)

ニコラ・ド・スタール《コンポジション》 1948年、愛知県美術館
ニコラ・ド・スタール《コンポジション》 1948年、愛知県美術館
クロード・モネ 《黄昏、ヴェネツィア》
クロード・モネ 《黄昏、ヴェネツィア》
堂本尚郎《連続する溶解9》1964年 、石橋財団ブリヂストン美術館
堂本尚郎《連続する溶解9》1964年 、石橋財団ブリヂストン美術館
菅井汲《赤い鬼》1954年、石橋財団ブリヂストン美術館
菅井汲《赤い鬼》1954年、石橋財団ブリヂストン美術館
ヴォルス《構成》 1947年、国立国際美術館
ヴォルス《構成》 1947年、国立国際美術館
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで