ニュース

荒木飛呂彦が独自のホラー映画論と偏愛ぶりを披露、新書『奇妙なホラー映画論』

漫画家の荒木飛呂彦がホラー映画について綴った新書『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』が、6月17日に刊行される。

同書では、ゾンビものからジェイソンまで、1970年代以降のモダンホラー映画を荒木自身の創作との関係も交えながら分析し、独自のホラー映画論を展開。同書で荒木は「あらゆる映画の中でホラー映画ほど面白いものはない」と断言。そして、ホラー映画は人間が成長し、文化を発展させていく上で欠かせない要素を持ち合わせており、そのためにもひたすら人を怖がらせることを目的として作られていなくてはならない、と主張している。

中学生の時に観た『エクソシスト』がきっかけとなってホラー映画を見始め、現在では作品を観て癒されるほど愛してやまないという荒木は、ホラー映画から学んだ様々な要素を自身の漫画作品の中でも活かしているという。同書では、荒木がどんなホラー映画をどのように味わってきたのかを窺い知ることができるうえに、その作品世界の秘密も紐解く貴重な1冊になりそうだ。

『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』

2011年6月17日発売
著者:荒木飛呂彦
価格:798円(税込)
発行:集英社

amazonで購入する

『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』表紙
『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も