ニュース

荒木飛呂彦が独自のホラー映画論と偏愛ぶりを披露、新書『奇妙なホラー映画論』

漫画家の荒木飛呂彦がホラー映画について綴った新書『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』が、6月17日に刊行される。

同書では、ゾンビものからジェイソンまで、1970年代以降のモダンホラー映画を荒木自身の創作との関係も交えながら分析し、独自のホラー映画論を展開。同書で荒木は「あらゆる映画の中でホラー映画ほど面白いものはない」と断言。そして、ホラー映画は人間が成長し、文化を発展させていく上で欠かせない要素を持ち合わせており、そのためにもひたすら人を怖がらせることを目的として作られていなくてはならない、と主張している。

中学生の時に観た『エクソシスト』がきっかけとなってホラー映画を見始め、現在では作品を観て癒されるほど愛してやまないという荒木は、ホラー映画から学んだ様々な要素を自身の漫画作品の中でも活かしているという。同書では、荒木がどんなホラー映画をどのように味わってきたのかを窺い知ることができるうえに、その作品世界の秘密も紐解く貴重な1冊になりそうだ。

『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』

2011年6月17日発売
著者:荒木飛呂彦
価格:798円(税込)
発行:集英社

amazonで購入する

『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』表紙
『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Have a Nice Day!“僕らの時代”

岡崎京子原作の映画『チワワちゃん』の主題歌に抜擢された同楽曲。ファンから公募した映像も織り交ぜた、画角も画質もバラバラな「僕らの時代」の映像が、曖昧で歪な、しかし強烈に眩しい日々の記憶を思い起こさせる。(井戸沼)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業