ニュース

パパ・タラフマラが解散を発表、本日夕方から解散記念フェスの詳細を生中継

今年で設立30周年を迎える舞台芸術カンパニーのパパ・タラフマラが解散を発表。また、実行委員会を組織し、解散を記念するフェスティバルを開催することがわかった。

パパ・タラフマラは、代表の小池博史を中心として1982年に設立され、現在までに54作品を制作。ダンス、演劇、美術、音楽などの様々なジャンルを横断し、舞台空間全体をひとつのアートに築き上げる手法は、国内外で高い評価を得てきた。

小池は、30周年記念作品を企画している最中に東日本大震災に遭遇したことや、多くのイベントが中止し経済的な困難に直面していること、また日本の文化全体が閉塞しつつある状況へ異を唱える意味も込めて、大きな変化が必要であるといった意見を表明。所属メンバーの負担を減らし、次のステップへ進むためにもカンパニーを発展的に解散させることを決意したという。

解散を記念して開催されるフェスティバル『パパ・タラフマラ・ファイナルフェスティバル』は、同カンパニーが制作してきた作品の中でも『SHIP IN A VIEW』や『三人姉妹』など代表的な4作品上演し、これまでの活動を振り返るというもの。また、音楽ライブや美術の展示、トークイベント、シンポジウム、書籍出版、DVDのリリースなどを行うことも計画されているという。

同フェスティバルの実行委員は、実行委員長を同カンパニー代表の小池が務め、名誉会長をセゾン文化財団理事長の堤清二が務める。発起人として、詩人の谷川俊太郎、グラフィックデザイナーの葛西薫、作曲家でピアニストの中川俊郎、現代美術作家のヤノベケンジ、俳優の大杉漣、ミュージシャンの山下洋輔、写真家・写真評論家の港千尋など多彩な顔ぶれがそろっている。

なお、本日18:00から同カンパニーのオフィシャルUstreamチャンネルで、解散とフェスティバルに関するプロジェクトを発表する記者会見が中継される。フェスのさらなる詳細は同中継で発表される予定だ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる