ニュース

手嶌葵が『コクリコ坂』公開記念でニコファーレ登場、映像演出は庵野のスタジオカラー

スタジオジブリの新作映画『コクリコ坂から』の公開を記念したイベント『「コクリコ坂から」公開記念 手嶌葵 360°ライヴ in nicofarre』が、東京・六本木のニコファーレで7月21日に開催される。

7月16日から公開される『コクリコ坂から』は、1980年に『なかよし』で連載された高橋千鶴と佐山哲郎による同名の少女漫画が原作の映画。監督は『ゲド戦記』以来約5年ぶりにメガホンを取る宮崎吾朗が務める。

同イベントでは、主題歌を担当している手嶌葵がライブを披露するほか、同作の音楽を担当した作曲家・武部聡志がピアノ演奏を行う。来場者を360度囲むように設置されたニコファーレのLEDモニターをフル活用し、庵野秀明が代表を務める「スタジオカラー」制作による様々な映像演出も展開されるという。スタジオジブリとスタジオカラーが共同でライブイベントを実施することは初の試みだ。なお、映像には映画のワンシーンも使用されるほか、LEDモニターに配信視聴者によるコメントを表示させる演出も実施される。

チケットは、実際に会場で観覧することができる「リアルチケット」と、リアルタイム配信を視聴できる「ネットチケット」の2種類を発売。なお、手嶌葵による主題歌“さよならの夏~コクリコ坂から~”や劇中歌を収録したスタジオジブリプロデュースのアルバム『コクリコ坂から歌集』が、7月6日にリリースされる。

『「コクリコ坂から」公開記念 手嶌 葵 360°ライヴ in nicofarre』

2011年7月21日(木)OPEN 19:30 / START 20:00
会場:東京都 六本木 ニコファーレ

出演:
手嶌葵
武部聡志

料金:
リアルチケット 前売4,000円(ドリンク別)
ネットチケット 1,500pt(ニコニコポイント(1pt=1円)で購入)

スタジオジブリプロデュース
『コクリコ坂から歌集』

2011年7月6日発売
価格:2,400円(税込)
YCCW-10156

1. さよならの夏~コクリコ坂から~
2. エスケープ
3. 朝ごはんの歌
4. 旗
5. 春の風
6. 懐かしい街
7. 並木道帰り道
8. 雨
9. 初恋の頃(ALBUMバージョン)
10. 赤い水底
11. 紺色のうねりが
12. 愛をこめて。海
13. さよならの夏~コクリコ坂から~(主題歌別バージョン)

amazonで購入する

『コクリコ坂から』

2011年7月16日全国東宝系ロードショー
監督:宮崎吾朗
企画:宮崎駿
原作:高橋千鶴・佐山哲郎『コクリコ坂から』(角川書店)
主題歌:手嶌葵“さよならの夏~コクリコ坂から~”
挿入歌:坂本九“上を向いて歩こう”
声の出演:
長澤まさみ
岡田准一
竹下景子
石田ゆり子
風吹ジュン
内藤剛志
風間俊介
大森南朋
香川照之
配給:東宝

(画像上:手嶌葵、画像中・下:ニコファーレイメージ ©dwango)

手嶌葵
手嶌葵
ニコファーレイメージ ©dwango
ニコファーレイメージ ©dwango
ニコファーレイメージ ©dwango
ニコファーレイメージ ©dwango
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』