ニュース

震災後の世界変える「想像力」語る、批評家・宇野常寛の新著『リトル・ピープルの時代』

評論家・宇野常寛の最新刊『リトル・ピープルの時代』が、幻冬舎から刊行された。

宇野常寛は、1978年生まれの評論家。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」を主宰するほか、カルチャー総合誌『PLANETS』編集長を務めている。主な著書に、『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、更科修一郎との共著『批評のジェノサイズ』(サイゾー)などがある。

『リトル・ピープルの時代』では、作家・村上春樹の話題作『1Q84』に登場する超自然的な存在「リトル・ピープル」という概念に込められたものを考察することから出発し、様々なポップカルチャーを縦横無尽に分析。400字詰め原稿用紙900枚に及ぶ、宇野曰く「評論家生命をかけた」大作だ。

宇野は3月11日に起きた東日本大震災をきっかけに、それまで執筆を進めていた同作の原稿を大幅に改変。既存の構造や世界を変えて拡大していくことが可能な震災後の「想像力」について、文化批評の立場から徹底的に論じている。

なお、月刊『サイゾー』8月号および宇野常寛のオフィシャルサイトには、自身のエッセイを掲載。同作執筆に際しての想いが綴られている。

また、『PLANETS』の増刊号『PLANETS SPECIAL 2011 夏休みの終わりに』が8月31日に発売される。今回は、春夏のコンテンツの総括と東日本大震災をめぐるインタビューを中心に掲載。『コミックマーケット』での先行発売も行われるので、詳しくはオフィシャルサイトでチェックして欲しい。

『リトル・ピープルの時代』

2011年7月30日発売
著者:宇野常寛
価格:2,310円(税込)
発行:幻冬舎

amazonで購入する

『リトル・ピープルの時代』
『リトル・ピープルの時代』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと