ニュース

アートとテクノロジーの融合を目指した革新的作家モホイ=ナジ、日本初の大規模回顧展

モホイ=ナジ・ラースロー初の回顧展『視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション』が、9月17日から千葉・佐倉のDIC川村記念美術館で開催される。

1895年生まれのモホイ=ナジは、ハンガリー出身の芸術家。母国からヨーロッパ各地やアメリカに移り住みながら、アートとテクノロジーの融合を目指して実験を繰り返した。制作は、絵画、写真、彫刻、グラフィック・デザイン、舞台美術、映画と多岐にわたり、革新的なアイデアが生み出す「光と運動による造形」は、20世紀芸術に新しいビジョンをもたらしたと言われている。

日本初の本格的な回顧展となる今回は、初公開作品を含む遺族のコレクションを中心に、ハンガリー時代の素描や構成主義作品、代表作となるキネティック彫刻『ライト・スペース・モデュレータ』、カメラを使わない写真『フォトグラム』、アメリカ時代のカラフルな絵画など、国内外から集められた約270点を展示。モホイ=ナジの全貌が明らかとなる貴重な展示となるだろう。


『視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション』

2011年9月17日(土)~12月11日(日)
会場:千葉県 佐倉 DIC川村記念美術館
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(9月19日と10月10日は開館)、10月11日(火)
料金:一般1,200円 大学生・65歳以上1,000円 小中高生・高校生500円

(画像上から:ハトゥラ・モホイ=ナジ、《どのようにして私は若く美しいままでいられるか?》1920年代 ハトゥラ・モホイ=ナジ・コレクション ©2011 Hattula Moholy-Nagy、《風景(オーブダの造船場の橋》1918-19年 油彩、ビーバー・ボード ハトゥラ・モホイ=ナジ・コレクション ©2011 Hattula Moholy-Nagy、《スペース・モデュレータ CH 1》1943年 DIC川村記念美術館 ©2011 Hattula Moholy-Nagy)

ハトゥラ・モホイ=ナジ
ハトゥラ・モホイ=ナジ
《どのようにして私は若く美しいままでいられるか?》1920年代 ハトゥラ・モホイ=ナジ・コレクション ©2011 Hattula Moholy-Nagy
《どのようにして私は若く美しいままでいられるか?》1920年代 ハトゥラ・モホイ=ナジ・コレクション ©2011 Hattula Moholy-Nagy
《風景(オーブダの造船場の橋》1918-19年 油彩、ビーバー・ボード ハトゥラ・モホイ=ナジ・コレクション ©2011 Hattula Moholy-Nagy
《風景(オーブダの造船場の橋》1918-19年 油彩、ビーバー・ボード ハトゥラ・モホイ=ナジ・コレクション ©2011 Hattula Moholy-Nagy
《スペース・モデュレータ CH 1》1943年 DIC川村記念美術館 ©2011 Hattula Moholy-Nagy
《スペース・モデュレータ CH 1》1943年 DIC川村記念美術館 ©2011 Hattula Moholy-Nagy
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く