ニュース

女性のからだとエロスを挑戦的に描写、サイトウマコト展『蜜が蜂を呼ぶように。』

サイトウマコトによる、女性のからだと性をモチーフにした作品展『蜜が蜂を呼ぶように。 Like Nectar Attracting Bees』が、10月22日まで東京・清澄白河の小山登美夫ギャラリーで開催されている。

サイトウマコトは、1970年代よりグラフィックデザインに携わり、数々の賞を受賞。その作品はニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館など、世界30以上の美術館にコレクションされている。1990年代半ばからは絵画の研究にも着手し、2008年には石川・金沢21世紀美術館で画家として初めての展覧会『サイトウ・マコト展:SCENE [0]』を開催している。

同展では、作家自らの性行為の間に撮った写真をもとに制作された作品を展示。「アートは美しく、セクシュアルであるべきで、女性の体を描きながらそこにエロティシズムを感じさせないアートに意味はない」と語るサイトウは、印刷物のドットを用いた描法、絵の具を盛る手法によって、女性のヌードを真正面からエロティックに描き切っているという。

同展の試みから、「真に美しいものはなにか」というサイトウの挑戦的な問いかけを強烈に感じることができるだろう。なお、ギャラリーから「18歳未満の方はよくご考慮の上、ご入場をお決めください」とアナウンスもされている。

サイトウマコト展
『蜜が蜂を呼ぶように。 Like Nectar Attracting Bees』

2011年9月10日(土)~10月22日(土)
会場:東京 清澄白河 小山登美夫ギャラリー東京 7F
時間:12:00~19:00
休廊日:日、月曜日、祝祭日

(画像:サイトウマコト °Brix = 16 2010→2011 oil on cavas 146.0 x 220.0 cm ©Makoto Saito courtesy of Tomio Koyama Gallery)

サイトウマコト °Brix = 16 2010→2011 oil on cavas 146.0 x 220.0 cm ©Makoto Saito courtesy of Tomio Koyama Gallery
サイトウマコト °Brix = 16 2010→2011 oil on cavas 146.0 x 220.0 cm ©Makoto Saito courtesy of Tomio Koyama Gallery
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年