ニュース

イーストウッド監督最新作はディカプリオ主演、FBI初代長官の禁断の半生描く伝記映画

クリント・イーストウッド監督の新作映画『J・エドガー(原題)』が、2012年1月28日から日本で公開されることがわかった。

同作は、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記映画。フーバーは1924年にアメリカ連邦捜査局FBIの初代長官として任命され、1972年に亡くなるまで半世紀近くも同職を務めた人物。FBIを現在のような影響力を持つ巨大組織へと発展させた功績でも知られ、その大きな権力には歴代の米国大統領も畏怖したという。同作では、フーバーが抱えていたとされる重大な秘密も含めて、その半生がイーストウッド流に描かれる。

主演のフーバーをレオナルド・ディカプリオが演じるほか、フーバーの秘書ヘレン・ガンディー役にナオミ・ワッツ、フーバーの寵愛を受けたクライド・トルソン役に『ソーシャル・ネットワーク』のアーミー・ハマーが起用されている。脚本は、同性愛権利活動家の伝記映画『ミルク』を手掛けたダスティン・ランス・ブラックが担当する。

なお、ディカプリオ演じるフーバーが公聴会のような場所で険しい表情をしている場面写真も公開された。続報も楽しみに待とう。

『J・エドガー(原題)』

2012年1月28日から全国ロードショー
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
製作:クリント・イーストウッド、ブライアン・グレイザー、ロバート・ローレンツ
出演:
レオナルド・ディカプリオ
ナオミ・ワッツ
ジュディ・デンチ
アーミー・ハマー
ジョシュ・ルーカス
デイモン・ヘリマン
ケン・ハワード
ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

(画像:©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.)

©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開