ニュース

C・マークレーが海外コミックのオノマトペを大胆コラージュ、20メートル大作も展示

クリスチャン・マークレーの新作個展『Christian Marclay: Scrolls』が、東京・銀座のギャラリー小柳で12月22日まで開催されている。

マークレーは、ボストンとニューヨークの美術大学に在学中の1979年から、ターンテーブルを楽器として用いたパフォーマンスを開始。その後、即興演奏のパイオニアとして現代アート界に影響を与えてきた。なお、現在開催中の『ヨコハマトリエンナーレ2011』では、本年度の『ベニス・ビエンナーレ』で金獅子賞を受賞した映像作品『The Clock』が上映されている。

同展では、翻訳後に輸出された日本の漫画のオノマトペを絶妙にコラージュし、マークレー自身が世界中から集めた布地を繋ぎあわせれ構成した大判の掛け軸を展示。中でも、曲線を描きながら延々と続いていくようにオノマトペをコラージュした全長20メートルにも及ぶ作品『Manga Scroll』は、同展のハイライトを飾る大作となっている。

なお、展示作品の全図版を収録した展覧会カタログ『Christian Marclay: Scrolls』を会期中に発行予定だ。

『Christian Marclay: Scrolls』

2011年10月25日(火)~12月22日(木)
会場:東京都 銀座 ギャラリー小柳
時間:12:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日

(画像上:新作の制作風景 2011年、画像中:Christian Marclay Splat!! 2011 32.7 x 20 cm、画像下:Christian Marclay Manga Scroll 2010 40 x 2000cm、全画像:© Christian Marclay / Courtesy of Gallery Koyanagi Image courtesy of Graphicstudio/USF, Tampa, Florida, USA Photo by Will Lytch)

新作の制作風景 2011年 © Christian Marclay / Courtesy of Gallery Koyanagi Image courtesy of Graphicstudio/USF, Tampa, Florida, USA Photo by Will Lytch
新作の制作風景 2011年 © Christian Marclay / Courtesy of Gallery Koyanagi Image courtesy of Graphicstudio/USF, Tampa, Florida, USA Photo by Will Lytch
Christian Marclay Splat!! 2011 32.7 x 20 cm © Christian Marclay / Courtesy of Gallery Koyanagi Image courtesy of Graphicstudio/USF, Tampa, Florida, USA Photo by Will Lytch
Christian Marclay Splat!! 2011 32.7 x 20 cm © Christian Marclay / Courtesy of Gallery Koyanagi Image courtesy of Graphicstudio/USF, Tampa, Florida, USA Photo by Will Lytch
Christian Marclay Manga Scroll 2010 40 x 2000cm © Christian Marclay / Courtesy of Gallery Koyanagi Image courtesy of Graphicstudio/USF, Tampa, Florida, USA Photo by Will Lytch
Christian Marclay Manga Scroll 2010 40 x 2000cm © Christian Marclay / Courtesy of Gallery Koyanagi Image courtesy of Graphicstudio/USF, Tampa, Florida, USA Photo by Will Lytch
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開