ニュース

国際映画祭『第12回 東京フィルメックス』が開催、アジアと世界から注目作品が集結

アジアを中心に世界の先進的な作品を集めた国際映画祭『第12回 東京フィルメックス』が、11月19日から27日まで東京・有楽町朝日ホールを中心に開催される。

2000年からスタートし、今年で12回目の開催となる同映画祭。アジアの新鋭作家による10作品で競われるコンペティション部門には、『青春墓場~明日と一緒に歩くのだ~』が高い評価を受けた奥田庸介の商業映画デビュー作『東京プレイボーイクラブ』や、原発事故後の福島を捉えた藤原敏史監督のドキュメンタリー『無人地帯』、今年の『カンヌ国際映画祭 ある視点部門』で監督賞を獲得したイランのモハマド・ラスロフ監督による『グッドバイ』などが名を連ねている。

世界の先鋭的な映画を紹介する特別招待作品には、韓国のキム・ギドク監督によるセルフドキュメンタリー作品『アリラン』をはじめ、ハンガリーの名匠タル・ベーラ監督による最後の作品『ニーチェの馬』、イラン政府により映画製作を禁止されたジャファール・パナヒ監督のドキュメンタリー『これは映画ではない』、西島秀俊が殴られ屋の映画監督を熱演したアミール・ナデリ監督作品『CUT』、Cocco主演の塚本晋也監督作品『KOTOKO』などが選ばれている。

特集上映は、客観的かつシニカルな「重喜劇」と称されるスタイルを確立しながら、45歳の若さでこの世を去った川島雄三監督の代表作を紹介する『限定!川島パラダイス♪』 、没後10年を迎えた相米慎二監督の全作品を一挙上映する『相米慎二のすべて -1980-2001全作品上映-』を実施。

さらに、ジェームズ・ディーン主演の『理由なき反抗』で知られるニコラス・レイに新たな光を当てる2作品を公開する特集上映『ニコラス・レイ生誕百年記念上映』も行われる。

チケットについては、同映画祭のオフィシャルサイトで詳細を確認して欲しい。

『第12回 東京フィルメックス』

2011年11月19日(土)~11月27日(日)※全9日間
会場:
東京都 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)
東京都 有楽町 TOHOシネマズ有楽座
東京都 有楽町 TOHOシネマズ日劇
東京都 築地 東劇

(画像上から:『アリラン』(監督:キム・ギドク)、『これは映画ではない』(監督:ジャファール・パナヒ、モジタバ・ ミルタマスブ)、『KOTOKO』(監督:塚本晋也)、『東京プレイボーイクラブ』(監督:奥田庸介)©2011 東京プレイボーイクラブ、『とんかつ大将』(監督:川島雄三)©1952 松竹)

『アリラン』(監督:キム・ギドク)
『アリラン』(監督:キム・ギドク)
『これは映画ではない』(監督:ジャファール・パナヒ、モジタバ・ ミルタマスブ)
『これは映画ではない』(監督:ジャファール・パナヒ、モジタバ・ ミルタマスブ)
『KOTOKO』(監督:塚本晋也)
『KOTOKO』(監督:塚本晋也)
『東京プレイボーイクラブ』(監督:奥田庸介)©2011 東京プレイボーイクラブ
『東京プレイボーイクラブ』(監督:奥田庸介)©2011 東京プレイボーイクラブ
『とんかつ大将』(監督:川島雄三)©1952 松竹
『とんかつ大将』(監督:川島雄三)©1952 松竹
画像を拡大する(33枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと