フルクサス参加の「虹のアーティスト」靉嘔展が都現美で開催、300mの『虹の滝』も

前衛芸術グループ「フルクサス」のメンバーとして活躍した日本人アーティスト・靉嘔の回顧展『靉嘔 ふたたび虹のかなたに』が、2月4日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

鮮やかな色彩を駆使する油彩画家として出発した靉嘔は、1950年代に池田満寿夫らと共にデモクラート美術家協会に参加したのち、1958年に渡米。絵画作品にとどまらず、人間の五感に訴える「エンヴァイラメント」と呼ばれるインスタレーション作品を発表して注目を集め、1960年代には音楽家、詩人、美術家などジャンルを越えたアーティスト達によるフルクサスのメンバーとして、オノ・ヨーコやナム・ジュン・パイクらと共に活動した。

同展では、引用したモチーフに可視光線を重ねる「虹」シリーズの様々な形式による作品を多数展示するほか、パフォーマンスのドキュメント、触れて楽しむ体験型のインスタレーションも展示。さらに、192色の虹色で描かれた30メートルにもおよぶ新作の展示や、1987年にフランス・パリのエッフェル塔にかけられた300メートルの虹の帯を吹き抜けに飾るなど、会場全体を用いてダイナミックな展示空間を作り出す。


CINRA.NETでは、『靉嘔 ふたたび虹のかなたに』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年1月30日)

『靉嘔 ふたたび虹のかなたに』

2012年2月4日(土)~5月6日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 1F、B2F
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜(4月30日は開館)、5月1日
料金:一般1,100円 大学生・65歳以上850円 中高生550円 小学生以下無料

(画像上から:靉嘔 《My いっくに Friends》 2011年 / Ay-O, My 192(Ikkuni) Friends, 2011、靉嘔 《田園》 1956年 東京都現代美術館蔵 Ay-o, Pastoral, 1956, Collection of Museum of Contemporary Art Tokyo、靉嘔「300m レインボー・エッフェル塔・プロジェクト」 エッフェル塔(パリ)1987年 撮影:水谷内健次 Ay-o, 300 meter Rainbow Eiffel Tower Project, Paris, 1987 Photo: Kenji Mizuyachi、靉嘔 《アダムとイヴ》 1967-71 東京都現代美術館蔵 Ay-o, Adam and Eve, 1967-71, Collection of Museum of Contemporary Art Tokyo、靉嘔 《ハンギング・ピース No.10 オブジェクト・マンダラ》 北九州市立美術館での展示風景 (1997年) Ay-o, Hanging Pieces No.10 Object Mandala, Installation view at Kitakyusyu Municipal Museum of Art, 1997)

  • HOME
  • Art,Design
  • フルクサス参加の「虹のアーティスト」靉嘔展が都現美で開催、300mの『虹の滝』も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて