ウディ・アレンが描く軽妙かつ残酷な恋愛模様、『恋のロンドン狂騒曲』が12月に公開

ウディ・アレン監督の長編映画『恋のロンドン狂騒曲』が、12月1日から東京・有楽町のTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国で公開される。

2011年公開の『ミッドナイト・イン・パリ』で『第64回カンヌ国際映画祭』で脚本賞を受賞するなど、77歳を迎える現在も精力的な活動を続けているウディ・アレン。同作は2010年に製作され、ファンの間でも日本での公開が待たれていた恋愛コメディー作品。2組の夫婦を中心に、ロンドンで繰り広げられる恋愛模様が軽妙かつ残酷に描かれた作品だ。

出演者は、口喧嘩の絶えない夫婦のサリーとロイ役を演じるナオミ・ワッツとジョシュ・ブローリン、サリーの憧れの上司グレッグ役を演じるアントニオ・バンデラス、ロイが恋に落ちるディア役を演じるフリーダ・ピント。さらに、年下の恋人シャーメインのため若返りに精を出すサリーの父アルフィ役をアンソニー・ホプキンス、派手好きのシャーメイン役をルーシー・パンチ、アルフィの元妻ヘレナ役をジェマ・ジョーンズが演じている。

なお、ウディ・アレンの人生や創作哲学を紐解くドキュメンタリー映画『映画と恋とウディ・アレン』が、11月10日からTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開される。

『恋のロンドン狂騒曲』

2012年12月1日(土)よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほかで全国ロードショー
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:
アントニオ・バンデラス
ジョシュ・ブローリン
アンソニー・ホプキンス
ジェマ・ジョーンズ
フリーダ・ピント
ルーシー・パンチ
ナオミ・ワッツ
配給:ロングライド

『映画と恋とウディ・アレン』

2012年11月10日(土)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開
監督・脚本:ロバート・B・ウィード
音楽:ポール・カンテロン
出演:
ウディ・アレン
ペネロペ・クルス
スカーレット・ヨハンソン
ダイアン・キートン
ショーン・ペン
クリス・ロック
ミラ・ソルビノ
ナオミ・ワッツ
ダイアン・ウィースト
オーウェン・ウィルソン
マーティン・スコセッシ
ほか
配給:ロングライド

(画像:©2010 Mediapro, Versátil Cinema & Gravier Production, Inc.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ウディ・アレンが描く軽妙かつ残酷な恋愛模様、『恋のロンドン狂騒曲』が12月に公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて