浦安が舞台の青春群像劇『ニュータウンの青春』、森岡龍監督の長編デビュー作

俳優としても活動する森岡龍監督による長編映画『ニュータウンの青春』が、11月3日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

映画『茶の味』で俳優デビューを果たし、その後『あぜ道のダンディ』『色即ぜねれいしょん』など数々の映画作品に出演する一方で、自らメガホンをとった映画作品製作し続けている森岡監督。

森岡にとって初の劇場公開作品となる『ニュータウンの青春』は、『第33回ぴあフィルムフェスティバル』で『ホリプロ・エンタテイメント賞』を獲得した作品。千葉・浦安を舞台に、映画監督志望の高校生・島村和秀と同級生の嶺豪一、2人の先輩で現在は無職の飯田が織りなす青春模様が描かれている。

同作ついてみうらじゅんは、「この映画は『不安』と、『バカ』と、『ちょっぴり切ない』三人組のドラマ。その三要素が組み合わさった時に生まれる物が『青春』とゆーやつだ。監督はそれを実にナイーヴ&ドキュメンタリータッチで描き、見る者を優しい気持ちにさせてくれる」と賛辞を贈っている。また、『あぜ道のダンディ』で森岡と共演経験のある染谷将太は、「この映画は正しく森岡映画だ。誰が監督したか聞かなくてもわかる。映画監督森岡龍の映画だ。痒い痒い青春。龍くんのあの笑顔が頭に浮かぶ」とコメントしている。

『ニュータウンの青春』

2012年11月3日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開予定
監督・脚本:森岡龍
出演:
島村和秀
飯田芳
嶺豪一
河井青葉
宇野祥平
吉谷彩子
渡辺大知(黒猫チェルシー)
前野朋哉
松本花奈
橋本一郎
光石研
配給:ダングラール

(画像:©ダングラール)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 浦安が舞台の青春群像劇『ニュータウンの青春』、森岡龍監督の長編デビュー作

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて