ニュース

イギー・ポップが『淫力魔人』を再現、ファン狂喜乱舞のライブドキュメンタリーが公開

Iggy and The Stoogesによる名盤の再現ライブを収めたドキュメンタリー『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』が、2月11日から東京・渋谷のシアターN渋谷で上映される。

同作は、2010年にジム・ジャームッシュがキュレーターを務めた『All Tomorrow's Parties』でのライブの模様を収めたもの。1973年に発表され、パンクの名盤として名高い『淫力魔人(原題:RAW POWER)』全曲の再現を含む全16曲を収録している。公募で選ばれた6人のファンが、狂喜乱舞しながらそれぞれのカメラで撮影したという臨場感溢れる映像が見どころになる。また、歌詞やMC、嗚咽、雄叫びなどを全て日本語で表現したという「完全日本語字幕」にも注目だ。

なお、『淫力魔人』の紙ジャケット仕様のリマスター盤が1月23日に復刻リリース。映画とあわせて聴いてみよう。

『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』

2012年2月11日よりシアターN渋谷でレイトショー
監督:ジョーイ・キャリー
出演:
イギー・ポップ(Vo)
ジェームズ・ウィリアムソン(Gt)
スコット・アシュトン(Dr)
マイク・ワット(Ba)
スティーヴ・マッケイ(Sax)
配給:キングレコード

Iggy and The Stooges
『淫力魔人(ロー・パワー)』

2012年1月23日発売
価格:1,890円(税込)
SICP 1490

1. Search And Destroy
2. Gimme Danger
3. Your Pretty Face Is Going To Hell
4. Penetration
5. Raw Power
6. I Need Somebody
7. Shake Appeal
8. Death Trip

amazonで購入する

(画像:『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.)

『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ミツメ“セダン”

8月1日にリリースするニューシングル”セダン”のMV。今回は須田洋次郎さん監督作のノスタルジックな作品で、前編8mmフィルムで撮影されたホームビデオタッチです。メンバー監督の作品ということもあるのか、旅先の記録をしたような、ゆったりしたメンバーや風景が捉えられています。ミツメのMVは初期のものから最高なので、映像集ほしいです。(川浦)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像