ニュース

イギー・ポップが『淫力魔人』を再現、ファン狂喜乱舞のライブドキュメンタリーが公開

Iggy and The Stoogesによる名盤の再現ライブを収めたドキュメンタリー『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』が、2月11日から東京・渋谷のシアターN渋谷で上映される。

同作は、2010年にジム・ジャームッシュがキュレーターを務めた『All Tomorrow's Parties』でのライブの模様を収めたもの。1973年に発表され、パンクの名盤として名高い『淫力魔人(原題:RAW POWER)』全曲の再現を含む全16曲を収録している。公募で選ばれた6人のファンが、狂喜乱舞しながらそれぞれのカメラで撮影したという臨場感溢れる映像が見どころになる。また、歌詞やMC、嗚咽、雄叫びなどを全て日本語で表現したという「完全日本語字幕」にも注目だ。

なお、『淫力魔人』の紙ジャケット仕様のリマスター盤が1月23日に復刻リリース。映画とあわせて聴いてみよう。

『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』

2012年2月11日よりシアターN渋谷でレイトショー
監督:ジョーイ・キャリー
出演:
イギー・ポップ(Vo)
ジェームズ・ウィリアムソン(Gt)
スコット・アシュトン(Dr)
マイク・ワット(Ba)
スティーヴ・マッケイ(Sax)
配給:キングレコード

Iggy and The Stooges
『淫力魔人(ロー・パワー)』

2012年1月23日発売
価格:1,890円(税込)
SICP 1490

1. Search And Destroy
2. Gimme Danger
3. Your Pretty Face Is Going To Hell
4. Penetration
5. Raw Power
6. I Need Somebody
7. Shake Appeal
8. Death Trip

amazonで購入する

(画像:『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.)

『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
『実演!淫力魔人 イギー&ザ・ストゥージズ』 ©2011 MVD Visual.
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年