ニュース

電子ビートメイカーeli walksが初音源を発表、DOMMUNEでModeselektorと競演も

ビートメイカーeli walksのデビューアルバム『Parallel』が、3月14日にリリースされる。

エレクトロニカとIDMをベースに、叙情的かつ骨太なビートミュージックを奏でるeli walksは、カリフォルニア芸術大学でプログラミングやサウンドデザイン、作曲を学んだのち、日本を拠点に活動。2011年春には『SonarSound Tokyo 2011』のアートプログラムステージ「SonarComplex」でライブを披露したほか、9月に行われたPrefuse73の来日公演でフロントアクトを務めたことでも注目を集めた。

今回リリースされる『Parallel』には、これまでに制作してきた400曲以上にもおよぶ膨大な楽曲から厳選された全10曲を収録。Flyng Lotusによるレーベル「Brainfeeder」や、アメリカ・ロサンゼルスの人気パーティー『Low End Theory』周辺にも通じる刺激的な作品に仕上がっている。

なお、eli walksは1月27日21:00からDOMMUNEを通じて配信されるプログラム『PLAY, JAPAN! Red Bull Music Academy × Dommune Presents BROADJ♯508』でライブを行う。同プログラムではドイツ・ベルリンのModeselektorもDJを披露。現在スタジオ観覧を受付中だ。

eli walks
『parallel』

2012年3月14日発売
価格:2,100円(税込)
MOTION±

『PLAY, JAPAN! Red Bull Music Academy x Dommune Presents BROADJ♯508』

2012年1月27日(金)21:00からDOMMUNEで放送
ライブ:eli walks
DJ:
MODESELEKTOR
Yusaku Shigeyasu

スタジオ観覧料金:1,500円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談