ニュース

音楽誌『インディーズ・イシュー』がリニューアル、ボリューム2倍増量&季刊化

音楽雑誌『インディーズ・イシュー』がリニューアルし、最新号となる第60号が1月29日に刊行された。

今回のリニューアルでは、発行ペースが隔月から季刊に変更。また、判型がB5からA5に変わり、ボリュームも90ページから180ページと約2倍に大幅増量している。内容についても「よりコアに、より正直な内容に」なっているとのこと。

今号では、3月7日にニューアルバム『Don't worry be daddy』のリリースを控えるECDを表紙に据え、計38ページの特集記事も展開。『原発やめろデモ!!!!!』のフォトギャラリーやECDへのインタビューをはじめ、2MUCH CREW、磯部涼との対談、植本一子とYUKARI(Limited Express(has gone?)、ニーハオ)の「ママ対談」などが掲載されている。さらに、独自の切り口による「2011年ベストディスク」や、坂本慎太郎へのインタビューなど、盛りだくさんの内容となっている。レコード店、書店以外にもオフィシャルサイトで通販を実施しているので、こちらもチェックしてみよう。

『インディーズ・イシュー vol.60』

2012年1月29日発売
価格:1,050円(税込)
発行:ビスケット

amazonで購入する

(画像:『インディーズ・イシュー vol.60』表紙)

『インディーズ・イシュー vol.60』表紙
『インディーズ・イシュー vol.60』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける